賃貸管理クレーム日記

賃貸管理担当者による日記です。 不動産コンサル会社に転職後もいろんな出来事に遭遇してます。

言葉が通じれば・・・

ここ最近、生き物系の対応リクエストが増えてきました。

先日のコウモリに続いてツバメの巣が出来てしまったとの連絡が2件ほど入って来ました。

虫の苦情なんかも増えてくる時期なんですよね・・・


人気ブログランキング
←応援頂けると励みになります。ぜひクリックお願いしますね!


鳥の巣に関してはヒナがいたら手出しできないことを伝えると言うのが結論ではありますが、自分的には生きている卵を撤去するのも嫌なので「卵があったら手出しできない」と伝えています。

しかしながら巣を作り始めている初期段階の「巣」に関しては可愛そうですが撤去させてもらいます。


親鳥が実に悲しそうに近くまで飛んできますのでハチの巣の撤去より罪悪感があるものです

ヒナがいて巣を撤去できない状態であれば、フンが落ちないように工夫したりカラーコーンを巣の下に置いて注意を促したりするのですが、ホント毎年同じ場所に作りに来るってのが不思議なものです。

で、昨日管理課に電話のあった入居者さんからの連絡は重たい内容でした。

「アパートの壁にあったツバメの巣が落下してヒナが落ちていたので消火器ボックスの上に巣ごと置いといたところ、親鳥が頑張ってヒナをの育てています。
ネコにでも襲われたら可愛そうなので管理会社さんで何とかして下さい」

とのこと・・・

「そう言う事はできません」と言いたいところですが、誰かが何とかしなければ今度はツバメの死骸があるから片付けて欲しいとの連絡に変わる事でしょう。

ここで、元漁師の管理課W君出動。

「漁師と猟師って発音が同じで漢字が違うだけだよな・・・」

とか思いながらどう言う対応をするのか対応結果の報告を待ちました。



「可愛そうなので家に連れて帰り育てます」


さすがにそのような連絡は無かったですが、法律ができる前は手乗りのツバメとかいたのでしょうね。

IMG_4914「落下していた3羽のヒナは元気でした。箱に移し替えて電気メーターの上に固定しておきました」

との報告で安心しましたが、来年も同じことが無いようにツバメが巣を作り始めた段階で通報してもらうとか、6月になったら巣作りを妨害しに行くとGoogleカレンダーに毎年の繰り返し予定を入れておく事で対応するしか無いのでしょう。

「ここに巣を作ったら撤去します!」と警告文書をアパートの壁面に貼り付けておきたいところですが、言葉が通じない相手への対応は難しいものです。





さて、本日は昨晩雨で走れなかったので今から(6時前です)走ってきます。

今月は今のところ45km走ってますが、2日くらい休むと走るのが辛くなってくるので毎日走りたいところです。

雨が多い月は難しいですね・・・


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



また出題?

賃貸管理の仕事は突然クイズを出されるようなものだ・・・

と、日頃から思っておりますが、売買の仕事も似たようなものです。

特に相続をした物件を売却する等、売主さんが物件の事を全く知らないとかだと状況判断して推理をする感じです。

こう言うのが楽しいのかも知れませんが、忙しい時には焦るものです


人気ブログランキング
←応援頂けると励みになります。ぜひクリックお願いしますね!

道路図2先日受託した中古戸建てなのですが、売主さんが相続を受けた区画整理地にある物件なのですが、調べたところ、建物が所在する土地(緑色)の他に、奥の家の為にある道路状の部分に所有地がありました。




区画整理エリア内の土地なので、ほとんどの家は普通に公道に面しているのですが、この4区画は昭和の時代の区画整理前に不動産業者が地主から購入して区割りした上で4区画に販売した様子で、道路状の部分には2m幅のが4つあります。

良くある私道の「共有持分◯分の◯」とかでは無く純粋に分筆してあって宅地として1筆が12平米程度の所有。

自分的に不思議な事が4点あります。

上記の図を参照して頂ければと思いますが、

1.公道に面している緑色の土地と赤色の土地に関しては、わざわざ私道の持分を持たなくても良いのに持っていること。

2.道路の所有者は4人で、各自自分の土地に面していない斜め前の土地を所有していること。

3.道路状の部分は市の位置指定を受けていないので、市役所的には路地状敷地(道路みたいな私有地)の認識なので再建築の際は審査が必要とのこと。

4.売主さんが昭和の時代に住宅ローンとして設定した抵当権が、売却する本地と建物分は抹消されているのに道路状の敷地に付いている抵当権が抹消されていないこと。


と、言った感じです。

まぁ 昭和の時代に建売屋さんが区画整理になる予定の土地を仕入れて換地処分が終わる前の段階で分譲したとかで複雑になっているかと思います。

うちの司法書士の先生に意見を聞きに行って推定してもらったところ

1.道路状部分に所有地があるのは
→私道を円満に利用する上での人質(もの質?)的に各区画の所有者に土地を持たせたからとか、公道に面している部分の所有者も道路状敷地に出入りできて便利だから?

2.隣接部分で無く斜め先に所有地があるのは
→多分、協定書が無くてもお互い仲良くやってよ的な意味でそうした?

3.位置指定道路で無い奥の家は再建築できるの?
→昭和の時代には区画整理前で建築許可が出たのかも知れないが今だと公道に接道してないよね・・・

4.抵当権が抹消されず残っているのは
→単純に抹消手続きをした際に漏れていたと思うので法務局の相談窓口に抵当権の抹消済書類を持ち込んでみればわかります。

そんな感じでした。

IMG_4911取り急ぎ、隣接している3世帯に協定があるのか確認と、抵当権が抹消できないと困るので来週にでも法務局の相談窓口に行ってきます。
抹消書類のメモ書きには区画整理前の地番と区画整理後の地番が書いてありましたが、問題の土地地番はメモして無かったので消し忘れた可能性が高そうです。




ホントいろいろありますが、道路の話って奥深いので別の答えがあるかもしれませんね。


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



そんな理由とは・・・

「何とも言えない異臭がするんです」

と、某管理マンションの入居者さんより連絡がありました。

真っ先に最悪の事態を思い浮かべてしまいますが、引っ越してきて間もない入居者さんがトイレの中だけ異臭を感じるとの内容でした。


人気ブログランキング
←応援頂けると励みになります。ぜひクリックお願いしますね!


お亡くなりになられた系の異臭は、「部屋の前を通ると異臭がする」との事が多いのですが、トイレだけとなれば何らかの設備的な異常かと思います。

合鍵持って出動する安否確認が絡むとなぜか自分に対応依頼が来るのですが、スタッフが増えた事もあり経験値を増やしてもらおうと管理課で対応してもらいました。

洗濯機置場が臭うとかお風呂の排水口が臭うと言うのは、排水系のパイプやトラップ異常が考えられますが、マンションの3階でトイレの換気扇からとの事なので違うと思います。

あとは、最上階なのでドルゴ弁が壊れたとかかな?

と、いろいろ自分なりに推理してみたのですが、出動した管理課S課長より報告メールが送られてきました。

6141「トイレに入ると死臭がしました」
との書き出しだったのでドキッとしましたが、「入居者さんの話では、入居日にトイレの換気扇を初めて作動させた際にガタガタ音がした」と言っているので、空室期間中に換気ダクトの中に入り込んだ動物が死んでいるのかと思い換気扇を外したところ・・・







IMG_4901コウモリが死んでいて腐って異臭を放っていたとの事・・・

外からは入れない仕組みなのですが、空室期間中に上手に入りこんでしまったのでしょう。

結構な臭いがしたとのことなので、換気扇を交換することで話がついたとのことです。





何とも、いろんな現象があるものですが、これでまた一つ経験値が増えたと言う事です。

入居者さんには、ご迷惑をお掛けして申し訳ないところですが、勉強になりました。


あと、もうひとつ、意外な結末を迎えた案件があります。

昨日のブログで、「最近、メガネの度数が合わなくなった」と書いたのですが、さっそくメガネ屋さんに行ってきました。

店員 「メガネ作って7カ月ですので、ちょっと早いですね」

クマ 「眼科で精密検査しましたけど目に異常は無いのでメガネが悪いって言われたんです」


無題11と、言って視力を測定。

店員 「裸眼だと前回と同じで視力落ちていませんね」

クマ 「ですよね、やっぱりメガネに問題があるんでしょ?」

店員 「今のメガネと全く同じ度数で試しますね」

クマ 「問題なく見えます・・・」





店員 「お客さん、最近メガネをぶつけた事が無かったですか?」

クマ 「え 顔面を殴られたとかってこと? 無いですよ」

店員 「この鼻で押さえるパッドが曲がっちゃってますよ」

クマ 「そうだったんですか・・・ 気が付かなかった」

店員 「お客さんのメガネ、遠近両用でかなり繊細にレンズの位置で見え方が変わるんです」


と、言ってパッドだけでなく全体的にゆがみを直してもらったところ、良く見えるようになりました

IMG_4903何ともメガネ屋さんには迷惑な話ですが、悪かったのはメガネを掛ける位置だったようです。

それにしても、顔を殴られたとか無いと思うけど・・・




いろいろ考えてみて思い出しました。
1カ月くらい前に仰向けで寝ながらiPhoneでYouTube見て寝落ちした瞬間に思いっきり顔面にiPhoneを落とした・・・



答えがわかって良かったです


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



アナログな部分にも・・・

IMG_4894昨日は都内で開催された研修を受講してきました。

「不動産とITの融合は業界に何をもたらすのか?」

大変興味のある分野なのですが、勉強する以前に広い会場だったせいか、スライドの文字にピントが合いません・・・

レジメがあったので良かったですが、今日の仕事帰りにでもメガネ屋さん行こうと思います。




人気ブログランキング
←応援頂けると励みになります。ぜひクリックお願いしますね!


ここ最近視力が落ちてきて先月受けた健康診断では「視力の要精密検査」と書かれてしまいました。

眼科に行って精密検査したところ、メガネが合わなくなったんだと言われまして、メガネを変えれば問題無いとの事でした。

確かに健康診断の時には普段使っているメガネで矯正視力を測りましたのでメガネの度数を合わせて計測する眼科と健康診断の測定は全然違うものだとわかりましたよ。

研修の方は、大変自分にとっては刺激的なものでした。

「こんなの使えないだろ」と、思っていた技術があっという間に進化して実用化されて人が追いつけなくなる。

とか、新しいテクノロジーが過度に期待されて、興奮して誇張されてやがて失望されてしまう。

そんな事を繰り返しながらも進化が止まらない時期にいる感じです。

中でも、技術革新に抵抗して反発していた江戸幕府の規制の話が心に残りました。

大阪にあったコメ相場の取引情報の伝達に当初飛脚を使っていたが、その後旗振り通信が発達すると江戸幕府は飛脚を保護するために旗振り通信を禁止。

やがて伝書バトで大儲けした商人を抜け商いとして罰したりハヤブサを放って新しい仕組みを取り締まった。

で、結局は電話の時代になった訳ですが、新しいことをやろうとすると反発を受けると言うのは今でも同じなのかと思います。

が、その反発もやがて淘汰されるのでしょう。


ここで、思い出したのが9年前のジアース騒動です。

Googleマップに不動産情報を載せる事により不動産仲介の仕組みが激変すると大騒ぎになり、自分自身もかなりドキドキして、当時東証マザーズ上場していたジアース株で大損した記憶がありますが、今考えるといろんな圧力があって話が無くなっちゃったのでしょうね。

登場する時期が10年早かったとか思うと、そろそろ次の黒船が現れるころなのかと思います。

1.アナログ→デジタル化
2.デジタル→ネットワーク化
3.ネットワーク→ビックデータ分析
4.膨大なデータにより更に複雑な事が実現可能
5.?

等々、自分の頭ではついて行けない進化の時代になっている訳です。

そんな中で、アナログな部分をデジタル化する事に関しては活躍の場が自分にもあると思ってますので、その分野でいろいろ考えてみようと思います。



IMG_4893あと、昨日のメモ取りはキーボード入力ではなく、手書き入力で行いました。
たまに字を書かないと漢字の書き方を忘れてしまう恐怖があるので・・・

これもアナログのデジタル化かと思いますが、パソコンでの文字変換は自力で漢字を書く力が劣って行く恐怖がありますね



ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
Google AdSense


過去記事
ブログ内検索
Google

WWW クレーム日記
人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
ブログ内が検索できます。
Google

WWW クレーム日記
クマの書籍
第2弾発売中!
株式会社シー・エフ・ネッツ
不動産投資のCFネッツ
ご自由にどうぞ
このブログはリンクフリーです。
許可無くリンクしちゃって下さい。
引き続き相互リンクも受付しておりますのでよろしくお願いします。
↓相互リンク歓迎↓
コメントにてお申込下さい。
Profile
クマ
不動産販売会社で7年間マンション・一戸建販売を経験。
その後、賃貸管理が中心の不動産会社にて10年間クレーム対処担当者として経験を積みました。
平成18年10月16日より株式会社シーエフネッツに転職。
平成18年12月1日〜平成19年5月31日まで株式会社月極倶楽部に勤務してサブリース・マンスリーマンション運営業務を行う。
平成19年6月1日〜8月31日まで。
オーナーズエージェントオペレーションセンターにて全国区でクレーム受付業務を行う。
平成19年9月1日よりシーエフネッツ本店勤務
プロパティマネジメント事業部元マネージャー
平成21年12月1日より埼玉県久喜市シーエフネッツ加盟店ベルデホーム株式会社 統括部長

(保有資格)
全米不動産管理協会認定
CPM(不動産経営管理士)
マンション管理士
不動産コンサルティングマスター
相続対策専門士
宅地建物取引士
管理業務主任者
ファイナンシャルプランナー
賃貸不動産経営管理士

IREM JAPAN 会員
日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員

本名:熊切伸英


取材履歴
(平成20年11月)
フジテレビ カスペ「お客様は王様かよ」に「賃貸クレーム担当者密着」で約17分出演。
(平成21年2月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に「クレーム担当者密着」で約13分出演
(平成21年4月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に上下階騒音トラブルのインタビュー出演
(平成21年5月)
テレビ朝日 「スーパーJチャンネル」「薄型テレビ購入者密着取材」で約5分間出演
(平成22年2月)
日本テレビ 「NEWSリアルタイム」「クレーム担当者密着」で約15分間出演

出版関係

平成22年4月から平成23年3月まで「月刊満室経営新聞」連載
平成22年10月「助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
平成23年5月より平成24年5月まで「週刊住宅」連載
平成30年2月「帰ってきた 助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
連絡先
kumakiri324@gmail.com