賃貸管理クレーム日記

2005年より続いている賃貸管理担当者による日記です。 賃貸管理の他に売買、相続案件の対処等々いろいろ経験中。 人間ドラマ連続のブログ記事には同じような状況の方も多くいらっしゃることでしょう。 日記の枠を超えた考えさせられる物語を毎日更新でお届けしています。

治る人もいる・・・




20211128_112312ピンホール漏水で大活躍の水道業者さん。

ほんと土日関係無く対応してくれて感謝です。

相変わらず現地での写真に解説が無いので、読み解く力が鍛えられますが、これは漏水している床下の様子を撮影したものなのでしょう。








人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入る仕組みです。更新の励みになりますので1日1回よろしくお願い致します!



昨日は、RC3階建てマンションの2階から1階の部屋へ漏水した件で、朝一番から管理課W君と水道業者さんが出動しました。

昨日のブログで書いた通り、5年前にも漏水事故があった案件ですが、当時の修理工事も同じ水道業者さんだったのです。

今回は5年前に修理した部分からの漏水では無かったのですが・・・


業者 「ここの工事良く覚えてるけど、今見ると未熟な工事だったから今回前回の箇所もやり直します」

そう言って頂いたと言うことは、この5年間で漏水対応テクニックが大幅に向上したと言うことでしょう。

2階のお部屋の床下は、配管がやっと通る程度のスキマしか無いので一部コンクリの仕切りを斫る(はつる)のに相当苦労した様子で、午後3時を回った頃の管理課W君からの報告では「昼を食べずに二人掛かりでぶっ続けで工事してるけど終わる気配が無い」とのこと。

これは、作業員として頑張っているW君からの見に来て欲しいと言う連絡だと思ったので、食料やお茶の差し入れと、自分的には11年前にスペシャルな汚部屋物語を体験させてくれた入居者Bさん(60代男性 約20年居住)の部屋も気になっていたので訪問してきました。



IMG_3646クマ 「こんにちは、Bさんお久しぶりです」

Bさん 「ご無沙汰です、何か大変な感じになっちゃって」

クマ 「今回は床下での漏水みたいでご迷惑をお掛けしております」

Bさん 「いやいや、下の部屋が以前みたく酷い状態じゃ無いって聞いたので安心しました」






5年前は下の部屋の入居者が汚部屋の発覚を恐れて当社への通報をためらっていたいたことで被害が拡大した感じでしたが、今回は漏って来てすぐの連絡でした。


Bさんの部屋はワンルームなので、洋室1部屋しかありませんが、すりガラスのドアからは、積み上がっているゴミのシルエットが無かったので、汚部屋状態では無いと確認できました。


クマ 「せっかくの日曜日に大掛かりな工事しちゃって申し訳ないですね」

Bさん 「もう定年退職して年金生活なので働いて無いから日曜日とか関係ないんです」

クマ 「年金生活でしたか・・・ いまどき年金で暮らせるって立派な話ですよ」


Bさんは、大手企業の工場勤務だったので、退職金とかしっかりしていたのでしょう。

何か、いろいろ聞き出したかったのですが、すごく丁寧な言葉で謙虚に話されるので、当時契約解除を強く推し進めていた自分は話すのが辛くなって早々に引き上げました。


Bさんに対しては、11年前の汚部屋発覚時に頑なに入室を拒む態度を取ったことで自分も怒ってしまい、大家さんに「こう言う人はゴミを溜める病気が治らないので、ゴミの撤去を完了したら契約解除しないとダメ」と進言したところ、「そうだよね、契約解除を伝えてよ」と言われていた感じでした。

50万円くらいのゴミ撤去費用をBさんが出して撤去終了を確認した立ち合いの時に「大家さんの意向で契約解除します」と伝えたところ、温厚なBさんが大激怒。

かなり険悪な状態になったところ、Bさんが大家さんに直電。

その際、大家さんが「管理会社が解約しろって言うんだよ、自分は継続で構わないよ」とBさんに伝えて見事に話がひっくり返り今に至ります・・・

ハシゴ外しとはこの事かと、思ったのですが、そう言う意味での緩衝材の役目も管理会社にはあるのだと勉強になりました


10年以上経過しても、汚部屋が復活していないのだから結果としては良かったのでしょうね。


いろいろ勉強になる仕事です。




ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



またあの部屋・・・




ここ最近は管理課に密着する席で仕事をしているので、トラブル系案件の数々を目撃します。

まぁ他人事では無いのですが、波があると言うか問題が重なるような時期ってあるものですね。



人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入る仕組みです。更新の励みになりますので1日1回よろしくお願い致します!



昨日の案件は、ちょっと書けない案件が1件。

こちらはホント重たい話で交渉が続くと思うので完了するまで書けません。


95122d86もう1件が漏水トラブルなのですが、5年前にも同様の被害が発生して当時は汚部屋であることを隠す為に当社への連絡をせずに放置していた案件でした。

が、この方のお部屋、更に遡ること6年前にも漏水被害があり、上階が汚部屋であることが発覚した自分のブログ史上最も古い汚部屋物語の部屋なのです。
←(写真は前回5年前の状況)






簡単に言うと、2階から1階への漏水案件で、両方の部屋が汚部屋だったと言うことなのですが、初回の漏水時に「二度とゴミを溜めません」とのことで大家さんがゴミ撤去を条件に賃貸借契約の継続を認め現在に至る状況なのです。

一生住み続けてもらうとオーナーさんが半分冗談で言った言葉を守って住み続けているのだからゴミさえ溜めなければ律儀な入居者さんでもあるのでしょう・・・

今回で3回目の漏水となるのですが、電話でのヒアリングでは2階の部屋では目で見える漏水は無いとのことなので、恐らくは壁の中や床下でのピンホール漏水が原因かと思われます。

このあと、管理課W君と水道業者さんが問題個所の修理を行いますが、前回ほど酷い状態では無いとの話なので少し安心です。

汚部屋なので連絡できなかった前回のことを考えれば早めの通報に感謝と言った感じになりますね。


トラブル系の話は、これ以上いりませんと言った気分になってますが、何か重なる時は重なるってのが怖いところです・・・



ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



ステルスご主人・・・




「現場行ってなんぼですわ」


朝から実に頼もしい言葉を聞かせてくれました。




人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入る仕組みです。更新の励みになりますので1日1回よろしくお願い致します!



始業前に昨日の対応報告を管理課W君が聞かせてくれたのですが、数日前に当社の管理物件入居者さんがお亡くなりになって(病院で)、その後の対応についていろいろ課題が出て来た感じです。

この管理物件は数年前にオーナーチェンジで管理を受託させて頂いた物件なのですが、当時引き継いだ賃貸借契約書には賃借人=入居者で、1名入居となっていたのですが、実は同居の方がいたそうです。

アパートで同棲とか聞くと若い人を思い浮かべますが、無くなった借主さんも残された同居人も高齢者で夫婦として暮らしていたけど入籍していない内縁関係でした。

亡くなられたのは賃借人(奥さん)の方で、残されたのは80歳近いステルスご主人さん。

ここからはボカシて書きますが、賃借人の資格が無い状態だけど住ませて欲しいと言うお願いがあった状態です。


少し前にも別件で似たような案件がありましたが、そちらは法人契約の物件での雇用関係解消で、中年で無職なので継続して住みたいと言われても審査に通らない案件でした。

そちらの案件は結局のところ法人さんが入居者さんの退去まで賃料を払うことで収まったのですが、今回のは誰も助けてくれない状態です。

今回の発覚理由は、ステルスご主人さんからの「このまま住ませて下さい」との当社へ来社されての申し出で、お金が無い&引越し先も無いと言った切羽詰まった状態でした。

「あなたとは契約していないのだから出てって下さい」と言うのが筋なのかも知れませんが、ステルスご主人さんは何とか行政の援助を得て家賃を払いたいとのことも言っているし、現実問題として高齢者を引っ張り出したり家財道具満載の荷物を撤去するなんてことをするのは仮に訴訟をしたとしても簡単にはいかない事でしょう。

「泣きながらお願いして来てるんですけどどうしますか?」

なんて話をオーナーさんと打ち合わせたところ、今後の賃料の支払い見込みとステルスご主人さんの態度、その他いろいろ斟酌して対応を決めることになったそうです。

結局のところは最後はオーナー判断で対応することになりますが、今までオーナーさんにも管理会社にも見えない状態のステルスさんが80歳だったとか実に困った問題です。

行政の手応えが結構あった感じなので上手に着地できればと思っていますが、高齢化時代に増えてくる大きな課題なのでしょう。


クマ 「そうか、結構重たい話だねぇ」

W君 こないだのゴキブリ騒動も高齢者問題だし、これから増えて行くのは間違い無いですよ」

クマ 「そう言えば、ゴキブリは苦情が来なくなったの?」

W君 「多分、あの消毒作業で1万匹のゴキブリが死にましたけど、油断できないですよ」



1bab63b5そちらの案件は、自分たちの説得で毎週1回デイサービスに行くようになってくれて(お風呂に入ってくれたと言うことです)、その際に2回ほど消毒作業をして上階でのゴキブリ発生が減ったとのことでした。

クマ 「いろいろ経験になるね」

W君 「そうです、この経験を営業のスタッフにもしてもらいたいです」





元々W君は賃貸管理の仕事を経験したいと大分県から漁師の仕事を辞めて当社に就職してくれた肉体的にも精神的にも能力的にも日本でトップクラスの人材です。



これからは、自分が見習わせてもらおうと頼りにしています(笑)




ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



卒業します?




なんかパソコンネタが続いておりますが、昨日は、先週の土曜日に新しいパソコンを購入しようか迷っている地主のAさん(80代男性)より迷った結果の報告がありました。



人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入る仕組みです。更新の励みになりますので1日1回よろしくお願い致します!


Aさん 「もしもし、今電話で話す時間ありますかね?」

クマ 「大丈夫ですよ」

Aさん 「あれからパソコンの件を考えてみたんですよ」

クマ 「はい、どうされます?」

Aさん 「自分としては昔みたく出来るようになりたいんですけど、クマさんに迷惑が掛かると思うんです」

クマ 「大丈夫ですよ、元々出来てたんだからセットアップして古いパソコンとの違いを説明すれば問題ないでしょ」


Aさん 「そう言うんだけどね、もう90歳に手が届く年齢なんだし続ける自信無いんだよねぇ」

クマ 「遊びとか趣味でやれば良いと思いますけど、苦痛になるならやめておきますか?」

Aさん 「だよねぇ その言葉が欲しかったんだよ」

クマ 「え・・・ そうなんですか?」

Aさん 「迷ってる時に大丈夫だからって言われると前向きな気分になるんだけど、ここまで迷うってのは、やらない方が良いって気持ちが強いんだと思うんですよ」



どうやら、Aさんには自分の「出来る人なんだからやった方が良い」と言った言葉が「やらなきゃダメだ」の解釈に思えたのかと思います。

8c5dab5d正直言って、パソコン一式揃えるくらい全く問題無いほどのお金持ちなので、お金の問題ではありませんし、独り暮らしで毎日暇だと言ってるし、昔の写真整理するのが趣味のように見えるのでスキャナでデジタル化して整理できれば楽しみながら記録が残せることでしょう。








クマ 「やらない方が気楽と言うなら、それで良いと思いますよ」

Aさん 「うん、とりあえず今は迷ってるのが辛いので、新しいパソコンは買わないことにします」

クマ 「わかりました。 また気が変わったら連絡して頂ければサポートしますよ」



と、言ったのが余計だった感じで振り出しに戻ったように話をリピート。


多分、「面倒なことはやめた方が良いですよ」と言い切って欲しかったのでしょう



仕事柄、いろんな年配の地主さんと接点を持って来ましたが、70代でパソコン出来る人は結構いても80代後半となるとパソコンやっている人が思い浮かびません。

視力も衰えるのでパソコンをいじると言うことが大変なことなのかと思います。

パソコンの操作は一生出来るようなことでは無いってことなのでしょうか?

自分の世代や、今時の若者は恐らく寿命が来るまでパソコンやスマホ等のデジタル系の道具を使うことでしょう。

車の免許返上は、本人や社会の為に必要なリスク回避なのでしょうけど、パソコンの操作はネットに繋がないで楽しむなら問題無い気がしますが、卒業する時期があるのかも知れませんね。


いろいろ考えさせられる話ですが、言われたらお手伝いしようと思います。


・・・


不動産関係のお手伝いが仕事でしたね






ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense



人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
Google AdSense


過去記事
ブログ内検索
Google

WWW クレーム日記
人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
ブログ内が検索できます。
Google

WWW クレーム日記
クマの書籍
第2弾発売中!
あやちゃん先生と対談させて頂きました。
株式会社シー・エフ・ネッツ
不動産投資のCFネッツ
Profile
クマ
不動産販売会社で7年間マンション・一戸建販売を経験。
その後、賃貸管理が中心の不動産会社にて10年間クレーム対処担当者として経験を積みました。
平成18年10月16日より株式会社シーエフネッツに転職。
平成18年12月1日〜平成19年5月31日まで株式会社月極倶楽部に勤務してサブリース・マンスリーマンション運営業務を行う。
平成19年6月1日〜8月31日まで。
オーナーズエージェントオペレーションセンターにて全国区でクレーム受付業務を行う。
平成19年9月1日よりシーエフネッツ本店勤務
プロパティマネジメント事業部元マネージャー
平成21年12月1日より埼玉県久喜市シーエフネッツ加盟店ベルデホーム株式会社 統括部長

(保有資格)
全米不動産管理協会認定
CPM(不動産経営管理士)
マンション管理士
公認 不動産コンサルティングマスター
上級相続支援コンサルタント
相続対策専門士
宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
賃貸不動産経営管理士
第四級アマチュア無線技士
第三級陸上特殊無線技士
第二種電気工事士

IREM JAPAN 会員
日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員

本名:熊切伸英


取材履歴
(平成20年11月)
フジテレビ カスペ「お客様は王様かよ」に「賃貸クレーム担当者密着」で約17分出演。
(平成21年2月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に「クレーム担当者密着」で約13分出演
(平成21年4月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に上下階騒音トラブルのインタビュー出演
(平成21年5月)
テレビ朝日 「スーパーJチャンネル」「薄型テレビ購入者密着取材」で約5分間出演
(平成22年2月)
日本テレビ 「NEWSリアルタイム」「クレーム担当者密着」で約15分間出演

出版関係

平成22年4月から平成23年3月まで「月刊満室経営新聞」連載
平成22年10月「助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
平成23年5月より平成24年5月まで「週刊住宅」連載
平成30年2月「帰ってきた 助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
連絡先
kumakiri324@gmail.com