賃貸管理クレーム日記

賃貸管理担当者による日記です。 不動産コンサル会社に転職後もいろんな出来事に遭遇してます。

2011年01月

いい人ですm(_ _)m

br_banner_tsubame←クリックしても鳴きません。


お地蔵さんシリーズ。

珍しく3日も続き物を書いてしまいました。


元々今回の話は、売りアパートの隣地が借地で、「区画整理する以前の境界を借地の範囲だと思うから売却予定地が変な形になっても仕方がないよ」


と、物件オーナーさんが主張していた事に始まります。


そして想定外に借地人のご主人さんが「区画整理で分筆した区割りに従います」と言ってくれたので売却予定面積も増えて形も良くなって喜んでいました。


ところが返還される予定の土地にはお地蔵さんのようなお墓のような石がありました。


売却にあたって問題になる事をオーナーさんに報告したら、「うまくやってよ」と、対応を任されてしまい変な仕事を抱えてしまったと困っていました。




が、きのうの訪問で解決しました


クマ  「こんにちは、先日は突然の訪問にも関わらず境界の件ありがとうございました」



ご主人  「いえいえ、きちんとしないといけませんから」



クマ  「実は、ちょっと教えて頂きたい事があるんですが?」



ご主人  「もしかして石の事?」



クマ  「そうなんですよ、新しく購入する方に説明しないといけないし、撤去してくれなんて言われちゃったらどうしようと思いまして」



ご主人  「・・・」



クマ  「どっかの神社とかお寺が所有してるとか〇〇さんの所有物とかご存知じゃないかなと思いまして」



奥様  「〇〇神社の石が、洪水で流れ着いたって言われてるんだけどね」



クマ  「じゃぁその神社に相談に行けば良いですかね?」



ご主人  「撤去しようと思ってるの?」



クマ   「自分はしたくないんですよ、バチ当たったら嫌だし・・・」



奥様  「なんかお宅も大変ねぇ」



クマ  「もし、新しい所有者が撤去して欲しいと言って来たら〇〇さんのお庭で祀って頂けるとありがたいんですが」





ご主人  「・・・  じゃぁそうするよ」




言ってみるものです



とりあえず、この一件は完了だと思います。



・・・



何も無いと信じるしかないですね

br_banner_tsubame←きっと良い事が起きますから

仕事なの?

br_banner_tsubame←クリックすると良い事が起きるでしょう。


以前より何度かブログ本で書いていますが、自分は「幽霊を見てみたい」と思っています。


今まで一度も見たことが無いので見たいのです。


お客さんを案内していて「霊感が強い」と言われる方がたまにいますが、どんな感じなのか、しつこく聞いてしまいます。


でも、決めつけるのは良くありませんが、自分は見た事ないので頭の中で作り出す幻覚の一種なんじゃないかと思っています。


霊感体質と言う言葉もあるようですが、寝ている時に見える夢が起きている時に見えてしまう感じなのでしょうか?



自分は金縛りに良くなる体質です。


高校生位が一番ピークで毎日なっていました。


今では慣れちゃって意識できる金縛りは週に1回程度になりました。



金縛りの時に見える夢はすごくリアルです。



簡単に言うと意識があるのに夢を見る状態です。


手が出てきたり音楽が聞こえたり独特の雰囲気なので、初めて金縛りにあった方は幽霊を見たと勘違いすると思います。


自分も若い頃は「幽霊の世界を見た」と思っていました。


もし、これが幽霊の正体ならガッカリです。


脳が起きていて体が寝ていて動かないので怖い感情が出てきて幻覚を見るだけだと思います。


やっぱり目が覚めている時に見えるのが本物だと思いますが、どうなのでしょうね?




「人の強い念が通じた」


と、言う話は幽霊の話とは別物の話だと思いますが、「これだけは言いたい!」とか「人の気持ちを尊重しろ!」との強い願いは伝わるものだと思います。


「人の気持ち」、「強い思い」、「念」


これは何百年経っても残っているのでしょうね。


前置きが長くなりましたが、今日は例のお地蔵さんの件、つっこんで話を聞いて来ようと思います。
(前置きか・・・)



重要事項説明書に書かないといけないのかな?

とか、今は現況がアパートで塀の向こう側で見えないからいいけど将来宅地として売る時には問題になるなぁ

とか、いろいろ考えてしまいます。


隣地の人が「うちで引き取るよ」と言ってくれれば良いんですけどね


まぁ、幽霊は信じないけど運気を下げたくないって事です



ホント不動産の仕事はいろいろありますね

br_banner_tsubame←バチが当たらないように押して下さい。

誰の?

br_banner_tsubame←クリック頂くと票が入る仕組みです。


昨日(28日)は、売却予定アパートの土地分筆測量の為、測量会社さんとオーナー(売主)さんと現地に行ってきました。


隣地が、100年以上続く借地なのですが、20数年前に区画整理をして公簿上はきれいに区画割されているのに、ここだけは昔からの境界上にフェンスがあります。


オーナーさんは先代から相続で昔の事はわからないのでトラブルが無いように昔からの塀にあわせて分筆登記をするように言ってます。


自分としては四角い土地が斜めに切られて本来の区画割から約20坪近く削られてしまうので何度も「いいんですか?」と確認していました。


きのうの作業では、オーナーさんは、10分もしないで「後は任せた」みたいな雰囲気で帰ってしまいました。


BlogPaintオーナーさんが帰った後、隣地に入って確認をしたかったので、訪問してみると奥様がでてきました。






クマ  「こんにちは、境界の測量をやるので敷地内に入らせて頂きたいんですけど」


奥様  「入るのは構いませんけど、お隣何かやるんですか?」


クマ  「売却を考えていまして、境界がわからないと面積もはっきりしませんので」


中に入らせてもらって測量していたらご主人様が出てきました。


クマ  「すみません、境界の確認で入らせてもらっています」


ご主人  「境界は区画整理の時に確定してるでしょ」


クマ  「塀の内側の部分が借地の対象ですよね?」


ご主人  「いや〜 境界石で区切られた部分が境界だよ」


奥様  「お父さん、それだとうちの駐車場が無くなっちゃいます」


ご主人  「こう言う事はきっちりしておかないといけないから」


クマ  「そうして頂けると地主さんも喜びますので早速報告してきます」


奥様  「え〜 駐車場が無くなっちゃうのは・・・」



このご主人さんの言うとおりに区画割ができれば四角い土地になります。

早いところ話をまとめるつもりですが、奥様はご不満の様子・・・



そして、気になるものを敷地内に発見しました。


クマ  「あの、お地蔵さんみたいな物は何ですか?」


奥様  「すっごい昔からあるんですが、うちのじゃないです」


クマ  「お墓じゃないですよね?」


奥様  「昔、洪水でこの場所に流れついたって言われてるみたい」


ご主人  「おい、余計なことは言わなくていいから・・・」



自分こっち系の話大好きなのですが、縁起悪いとかバチが当たるとか運気が下がりそうな話はお断りです。



と、言う事でお地蔵さんの件も含めてオーナーさんに報告しました。



オーナー  「そっか〜 塀の件はうれしいなぁ、クマさんうまくまとめて来てよ」


クマ  
「お地蔵さんみたいな石碑はどうしましょう?」


オーナー  「クマさんに任せるから」


クマ  「え〜 バチが当たったら嫌ですよ」


オーナー  「まぁうまくやってね」


と、言う事で隣地との話がうまくいったらお地蔵さん?みたいな石碑の件も対応する事になりました。




奥深い仕事ですねぇ・・・
  

br_banner_tsubame←不動産ブログの最新更新情報へのリンクです。
このブログの順位もわかります。

売買案件強化します。

br_banner_tsubame←ツバメ君のバナーに変えたから?


今日は朝一番で、測量会社の方と売却依頼を受けた物件の境界を決めに現地へ行ってきます。

区画整理地の1ブロック全部売主さんが所有していたので元々の筆を無視して建物建てたりガス供給している状況です。

まぁ、建物に合わせて境界を引き直すのは難しくないのですが、明治時代から借地で貸している隣地に対しては気を使います。

BlogPaintせっかく四角形で良い形なのに残念なのですが、昔作ったブロック塀を境界にする予定です。






「多分、そう言う約束してるから」


と、書面も残っていない話でもったいないと思いましたが、明治時代からの関係が優先なんですね。



と、言う事で今日は境界決めと測量の作業に立ち会ってきます。



自分、今年からは積極的に売買系の案件を扱おうと思っています。


今までは、建てた後や買った後の仕事内容でしたが、物件の仕入れや投資分析、融資のサポートの分野も力を入れます。


投資分析等に関してはCPMの勉強で学びましたが、やはり普段から実践していけませんね



と、思っている時に教科書になる本が発売されました。

不動産投資プロの流儀まだアマゾンだと予約受付段階ですが、一足先に読ませて頂きました。

仕入・融資・投資分析等、現場の最前線で活躍する3人が書いた実務書です。





書籍名は不動産投資プロの流儀

中元崇 氏
山内真也 氏
井上隆司 氏

の共著で、倉橋社長が監修です。

良く知っている不動産コンサルタント仲間ですが、物件仕入や融資の最前線にいる3人の話はホント役に立ちます。


出版記念講演も各地で開催予定です。


自分も本腰入れて学ばせて頂きます。




そして物件を購入する前のイメージトレーニングと購入後の対応方法は・・・



表紙この本が役に立ちますので大変おススメです。

自分の良く知っている人が著者です。

・・・


コマーシャルです




ではまた



br_banner_tsubame←恐れ入りますがクリックをお願い致します。
人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
Google AdSense


過去記事
おすすめ不動産投資書籍
ブログ内検索
Google

WWW クレーム日記
人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
ブログ内が検索できます。
Google

WWW クレーム日記
クマの書籍
株式会社シー・エフ・ネッツ
不動産投資のCFネッツ
ご自由にどうぞ
このブログはリンクフリーです。
許可無くリンクしちゃって下さい。
引き続き相互リンクも受付しておりますのでよろしくお願いします。
↓相互リンク歓迎↓
コメントにてお申込下さい。
Profile
クマ
不動産販売会社で7年間マンション・一戸建販売を経験。
その後、賃貸管理が中心の不動産会社にて10年間クレーム対処担当者として経験を積みました。
平成18年10月16日より株式会社シーエフネッツに転職。
平成18年12月1日〜平成19年5月31日まで株式会社月極倶楽部に勤務してサブリース・マンスリーマンション運営業務を行う。
平成19年6月1日〜8月31日まで。
オーナーズエージェントオペレーションセンターにて全国区でクレーム受付業務を行う。
平成19年9月1日よりシーエフネッツ本店勤務
プロパティマネジメント事業部元マネージャー
平成21年12月1日より埼玉県久喜市シーエフネッツ加盟店ベルデホーム株式会社   管理部長

(保有資格)
全米不動産管理協会認定
CPM(不動産経営管理士)
マンション管理士
不動産コンサルティングマスター
相続対策専門士
宅地建物取引士
管理業務主任者
ファイナンシャルプランナー
賃貸不動産経営管理士

IREM JAPAN 会員
日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員

本名:熊切伸英


取材履歴
(平成20年11月)
フジテレビ カスペ「お客様は王様かよ」に「賃貸クレーム担当者密着」で約17分出演。
(平成21年2月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に「クレーム担当者密着」で約13分出演
(平成21年4月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に上下階騒音トラブルのインタビュー出演
(平成21年5月)
テレビ朝日 「スーパーJチャンネル」「薄型テレビ購入者密着取材」で約5分間出演
(平成22年2月)
日本テレビ 「NEWSリアルタイム」「クレーム担当者密着」で約15分間出演

出版関係

平成22年4月から平成23年3月まで「月刊満室経営新聞」連載
平成22年10月「助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
平成23年5月より平成24年5月まで「週刊住宅」連載

連絡先
kumakiri324@gmail.com
  • ライブドアブログ