水曜日に発生した、勤務先ビルでの地下漏水ですが、最初に頼んでいた会社に朝一番で対応頂いたのですが、「難しくて工事できません」と、言われてしまいました。

ビルの定期メンテナンスを行っている大手の業者さんでしたが、確かに狭い場所で地面を掘らないといけないので大変だと思います。

と、言って修理しないとうちの会社のトイレが使えないので大問題です


いつもお世話になっている嫌がりながらも確実に直してくれる水道設備屋さんの社長に頼んでみました。

クマ  「急で申し訳ないんですけど、会社の水道管が地下漏水しちゃったんで直して欲しいんですけど」

社長  「え〜 みんな出払っちゃったよ」

クマ  「仕事終わってからでも良いのでお願いしますよ」

社長  「地下ってどのくらい?」


クマ  「多分50センチも掘れば大丈夫ですけどモルタル削らないとダメです」

社長  「雨降ってるし、何時になるかわからないよ」

クマ  「何時まででもお待ちしてますのでお願いします!」


と、電話したのが朝の10時でしたが、お昼には職人さんが到着。

写真 3マキタの電動ドリルで地面に穴を開けて問題個所を発見するまで30分。











写真 1地中漏水の原因は接続管の脱管でした。

外れた理由は建物側の配管はしっかりした基礎の上に乗っているのに対して給水メーター側の配管が土の上に乗っていて地盤が沈下した事により抜けてしまったのだろうとの事です。

こう言う系の地中漏水って自分のエリアで結構発生してます。







写真 4やはり地震の影響で地中の状況が変わって来たのでしょうね。

同じ位置で接続しても長い目で見れば良くないので、根本的に地盤を固める方法を検討することになりましたが、取り急ぎ管を新設して工事終了です。

正味1時間半くらいで直してくれるなんてホント頼りになる業者さんです。




やっぱり場数踏んだ業者さんは強いですね。

じつにカッコイイ仕事をして頂きましたよ。


まぁ自分が電話すると嫌がられるのが辛いところですが、これからもお付き合いさせて頂こうと強く思ってます


そして夕方からは某地主さん宅で打ち合わせ。

今回は、テナントと新築貸家に申込が入り、その打ち合わせと、今後の相続に絡んだ展開について話し合いをしました。

やはり地主さんは大変です。

70代になられたばかりですが、日に日に作り上げてきた財産の行方が気になってきているとの事です。

「もう儲けなくていいんだけど損はしたくない」

と、言うことで自分もいろいろ関わっていきます。


写真 5いろいろ話した後は、車で蕎麦屋さんに移動。

極太の蕎麦って初めて食べましたが美味しかったです。






さて、本日の埼玉は朝から晴れています

久しぶりにジメジメから開放されそうですね。

ではまた