賃貸管理クレーム日記

2005年より続いている賃貸管理担当者による日記です。 賃貸管理の他に売買、相続案件の対処等々いろいろ経験中。 人間ドラマ連続のブログ記事には同じような状況の方も多くいらっしゃることでしょう。 日記の枠を超えた考えさせられる物語を毎日更新でお届けしています。

2014年06月

変なこと聞きますが・・・

自分、昔から金縛り体質です。

金縛りは脳が起きている時に体が寝ていて体を動かせない状態ですが、この時に半分くらい夢を見ているので幽霊を見たとか錯覚するのだと思います。

きのうは、三男(小4)と一緒に夜9時に寝てしまいました。

睡眠時間が長いと夢をたくさん見ます。

夢を見る状態と自分で意識をコントロールできる状態の境目がわかった時に金縛りが起きます。

通常は疲れているので脳も寝るのかと思うのですが、昨日は定休日で疲れていなかったのでしょう。

久しぶりの大規模な金縛りでした。


自分、幽霊の正体は脳が作り出す幻覚なのだと思っていますが、今回の幻覚(夢)は半端でなく怖い感じでした。

まぁ 内容を書いても意味が無いのでこの辺にしておきますが、たまに「幽霊が見える」ってお客さんを対応することがあります。

そんな時には興味本位でいろいろ聞き出すのですが、昼間でも幽霊が見える事があると言うのだから、夢で見える幻覚とは違う種類の何かが見えているのでしょう。

ドラマや映画をみて感情が影響されるように、夢を見た直後も頭の中が影響されています。

おそらく大部分の人は、夢を見てもすぐに忘れるのだと思います。

それでも、なんとなくイメージだけ引きずっている事があるんじゃないかと思います。

何かこの分野すごく興味があるのですが、心理的瑕疵の問題ともリンクしそうです。


で、心理的瑕疵に関しては別の機会にアンケート作らせて頂くとして今回は参考までに以下のアンケートを取らせて頂ければと思います。




よろしくお願いします。

残置物の保管場所

今朝は珍しく家族が自分より早起きしていました。

サッカー見てたんですね。

うちの子供達の落ち込みようがすごい感じでビックリです・・・



きのうは、会社で運営している貸しコンテナの利用者が滞納を始めた件で対応してきました。


写真 2 (2)利用料をもらって物置きを貸しているのですが、居住用の建物を貸している訳では無いので、アパートの滞納者の対応と違って保証金の範囲を超えた滞納者には即契約解除をします。






問題は、夜逃げです。

コンテナの中に荷物を入れっぱなしの場合はホント迷惑なんです。

元々居住用ではないので、借家人を追い出す事は無いのですが、物が置かれた場合は、勝手に処分できません。

これは、通常の居住用物件で賃貸借契約を解除した場合でも定期借家契約が終了したのに物が残されて夜逃げされた場合でも同じです。

そんな時は「勝手に捨てられないからコンテナに入れて保管しておこう」なんて事を考えるのですが、コンテナの利用で物を残置されたら行き場所が無いです

まぁ 物を撤去するまで利用料が発生するとの約定なので普通は解約連絡をしてくるものなのですが、今回の利用者は音信不通で行方不明です。


写真 5 (2)しかも、当社のコンテナの中で最大の2.2坪タイプ。

(賃料は15,000円ですが)







少し前にも貸しコンテナで遺体発見とニュースで報道されていましたが、現実問題として犯罪で利用されるリスクもあります。


ドアポストとか無いし、通気孔も小さいので異臭が周囲に漏れるとかなさそうです・・・

写真 4 (2)貸主の権限で調査することにしました。

アパートの安否確認と違って、人が住んでいないのが救いです。

それでもドキドキしながら扉を開けました。








写真 3 (4)見事、物はありませんでした

保証金没収して新たに貸しに出したいところなのですが、問題は鍵の返却が無いことです。






小さいタイプのコンテナは金属製のカードキーなので鍵を使えなくすることが可能なのですが、このトランクは、シャッター式なので頑丈で鍵の複製ができない特殊な南京錠を付けています。

結構な金額するらしいのですが、交換しないといけません。


まぁ変な物が残置されていないのが救いでしたが、木曜日に音信不通の利用者の勤務先(電話が通じませんが)に訪問して最終確認しようと思います。


さて、本日水曜日は定休日です。

月末締め切りの宿題に専念しようと思いますのでこの辺で

説明屋

きのうは、お客さんの自宅へ行って土地の売買契約を締結してきました。

基本的に事務所以外契約をするなんて事は珍しいのですが、お客さんの都合でお願いされると出張契約することがあるのです。

BlogPaintコンビニでコピーとるのが面倒なのと、テーブルクロスとか敷いてあって書きにくかったり物理的な面倒さがありますが、お客さんはリラックスしてくれます。







不動産投資家さんと違って、一般の人は不動産取引をするなんて一生に一度の方が多いですので、求められるとかなりわかりやすく説明をします。

わかりやすくする場合は、たとえ話が多くなってその分時間がかかるのですが、お客さんも思い出したかのようにたくさん質問してくることがあります。

当然ながら、不動産取引にあたり疑問点を無くしてもらうために説明をするのが業者としても義務ですし、法律で説明しないといけない項目が決められている訳です。

まぁ 長くなっても疑問点を解消してくれればOKですね。


そう言えば、来年から宅地建物取引主任者の名称が宅地建物取引士に変わるそうです。

1年以内に法律が施行されるとの事ですが、「者」と「士」の違いにこだわって頑張った協会の方々の努力があったのかと思います。

多分、「者」より「士」の方が格が上なのでしょうけど、名前だけ変えるってだけでは自己満足にしかなりません。

昇格試験のように別途試験に合格した人が「士」になるような方がありがたみがあると思うのですが、試験だけ合格しても経験が無いとかだと余計危ない感じですので知識+経験で新資格が与えられる仕組みが良いのでしょうね。

と、考えてみると不動産コンサルティングマスターと被っちゃいますか・・・


少し前にもネットで重要事項説明を行えるように法律を整備するとの発表がありましたので、これからいろいろ変わっていくのでしょうね。



さて、本日は以前、いろいろ振り回されて売却を中断していたBさん(80代女性)の件で動きがあったので対応してきます。

これがまた区役所の福祉課の担当さんが、サポートして頂ける事になり媒介をもらい直して売買活動を再開することになりそうです。

自分としては、手間が掛かりすぎるのでお断り状態だったのですが、間に公の機関が入ってくれるのであれば有りかと思います。

新たな物語ができる予感ですが・・・



そして夜は2ヶ月ぶりの全体会議です。


ではまた

土地だけ

8c31f26cきのうはアパートを撤去した土地の売買契約を締結してきました。

自分は売主側の業者として仲介していましたが、買主側に付いた業者さんはハウスメーカーさんなので仲介には入らないそうです。




と、言っても住宅ローンを手続きしたり契約のセッティングまでやってくれてますので業者的にはもったいない話だと思ってしまいますが、そう言う事もあるんですね。

そんな感じですので、買主さん(若いご夫婦とお子さん2人)とは昨日の契約の際に初対面しました。

売買系の契約は、短い方でも1時間はかかり、質問の多い方などは3時間とかかかってしまうこともあります。

事前に打ち合わせしていれば長くなることは少ないのですが、初対面では長くなりそうです・・・

売主さん、日曜日も仕事なので抜けだして来てもらったのですが、3時間かかるかも知れないと伝えておきました。

たまに、お子様連れで打ち合わせや契約を行なう事がありますが、子供さんが騒ぎ出した時にはiPadのYouTubeでアニメを見せて黙らせます。



19e6eec52歳くらいまでのお子さんにはアンパンマン、幼稚園より上は妖怪ウォッチを見せておけば100%おとなしくなります。

1話終わる度に説明を中断して次の動画を探すのですが、ホント素晴らしい道具ですね。




昨日の契約場所にはキッズコーナーがあって、ハウスメーカーさんがお子さんの相手までしてくれたので助かりましたよ。

お陰で1時間ちょっとで終了。

買主さん、ハウスメーカーさんとはプランや融資の件で何度も打ち合わせをすると思いますが、土地仲介だけの業者である自分としては、やることが無いので次にお会いするのは来月の決済の時です。

ちょっと物足りない感じですが、ありがたい話しですね。


さて、本日は管理系の業務をした後に夕方から別件の土地の契約です。

こちらも、売主側・買主側の仲介業者となっているのですが、今まで何度も打ち合わせをしていますので、疑問点があって長くなることは無いと思うのですが、世間話が大好きな60代のご夫婦ですのでそちらで長くなると思います

今日も1日が短く感じそうですが頑張ります!
人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
Google AdSense


過去記事
ブログ内検索
Google

WWW クレーム日記
人気ブログランキングへ
不動産用語検索
不動産用語集::R.E. words::
ブログ内が検索できます。
Google

WWW クレーム日記
クマの書籍
第2弾発売中!
あやちゃん先生と対談させて頂きました。
株式会社シー・エフ・ネッツ
不動産投資のCFネッツ
Profile
クマ
不動産販売会社で7年間マンション・一戸建販売を経験。
その後、賃貸管理が中心の不動産会社にて10年間クレーム対処担当者として経験を積みました。
平成18年10月16日より株式会社シーエフネッツに転職。
平成18年12月1日〜平成19年5月31日まで株式会社月極倶楽部に勤務してサブリース・マンスリーマンション運営業務を行う。
平成19年6月1日〜8月31日まで。
オーナーズエージェントオペレーションセンターにて全国区でクレーム受付業務を行う。
平成19年9月1日よりシーエフネッツ本店勤務
プロパティマネジメント事業部元マネージャー
平成21年12月1日より埼玉県久喜市シーエフネッツ加盟店ベルデホーム株式会社 統括部長

(保有資格)
全米不動産管理協会認定
CPM(不動産経営管理士)
マンション管理士
公認 不動産コンサルティングマスター
上級相続支援コンサルタント
相続対策専門士
宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
賃貸不動産経営管理士
第四級アマチュア無線技士
第三級陸上特殊無線技士
第二種電気工事士

IREM JAPAN 会員
日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員

本名:熊切伸英


取材履歴
(平成20年11月)
フジテレビ カスペ「お客様は王様かよ」に「賃貸クレーム担当者密着」で約17分出演。
(平成21年2月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に「クレーム担当者密着」で約13分出演
(平成21年4月)
テレビ朝日 「スーパーモーニング」に上下階騒音トラブルのインタビュー出演
(平成21年5月)
テレビ朝日 「スーパーJチャンネル」「薄型テレビ購入者密着取材」で約5分間出演
(平成22年2月)
日本テレビ 「NEWSリアルタイム」「クレーム担当者密着」で約15分間出演

出版関係

平成22年4月から平成23年3月まで「月刊満室経営新聞」連載
平成22年10月「助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
平成23年5月より平成24年5月まで「週刊住宅」連載
平成30年2月「帰ってきた 助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル」出版
連絡先
kumakiri324@gmail.com