応援ありがとう→人気ブログランキング

本日は、貸家を斡旋してもらいたいとの連絡があり、大家さん宅を訪問しました。

大家 「うちの貸家は古いから、お金かけたくないんです」

クマ 「ある程度きれいにしないとお客さんに選ばれないんですよね」

大家 「少しくらい安くても良いので今のまま手をかけないで頼みますよ」

クマ 「現況の状況で案内してもお客さんからリフォーム希望がでると思いますよ」

大家 「その時は考えますけど原則は現況でお願いします」

クマ 「まぁ ご希望はわかりましたから物件見せて頂けますか?」


大家さんの家から徒歩20秒で物件に到着

貸家1築30年だけあって古さはありますが、キチンと手入れすれば、十分貸せそうです。

 

 

クマ 「前の入居者が出てクリーニングしてませんでしょ」

大家 「私がきれいに掃除したんですよ 」

クマ 「そうですか・・・ やはりプロの清掃入れたほうが良いですよ」
(はっきり言って汚い)

大家 「でも何万円もするんじゃね

クマ 「お客さんつけばすぐ回収できますよ

大家 「つかなかったら無駄になりますから

クマ 「案内の時はクリーニング入る予定って言っても良いですか?」

大家 「入居してくれるって約束してもらえたらクリーニングします」


その他、問題個所がないかじっくり室内を見てみると

石油お風呂の給湯は石油

沸くのが早いそうです

 


お経物置の中にはなぜかお経が

信心深い入居者が置いていったのでしょう
(忘れてくか?)




謎の扉一番問題なのは、2階の廊下の突き当たりにあるドア

 




ドアを開けてみると・・・

 

扉21階の屋根の上に出られます

なんと、予算の関係でバルコニーをつけられなかったそうです




あまりにも危険なので大家さんに「ドアを開かなくなるようにしなきゃ貸しちゃダメ」って言ってきました

落ちないように押してね→人気ブログランキング