日曜日も押してね→人気ブログランキング

本日は、朝一番から変な電話を受けました

クマ 「ありがとうございます、○○ハウスです」

相手 「あぁ? もしもしぃ」
(30代くらいの男性・なんか笑ってる)

クマ 「○○ハウスですが」

相手 「ちょ〜さんでしょ〜」

クマ 「違います、○○ハウスですけど

相手 「ちょ〜さんでしょっ

クマ 「間違い電話されてますよ

相手 「も〜 わかってるよちょ〜さん」

クマ 「ですから、ちょ〜さんじゃありません

相手 「あははは  ガチャ

礼儀知らずの間違い電話でした
(一日の始まりがこれじゃ・・・)



今日は、以前お話した大型滞納者の件で進展がありました。

1週間くらい前に滞納者から「このまま住み続けると滞納金が更に返済出来なくなるので今月中に退去します」って申し出がありましたので、退去する時に再度、確約書もらうから退去予定日を連絡するように伝えてありました。

はっきり言って無い人から回収するのは難しいです。

逃げるなら部屋の中を空にして逃げてくれ、位の事を考えちゃいますが、管理を受けた以上は建前通り、督促をかけます。

管理取得した担当のO氏がたまたま物件の前を通りかかると
昼逃げ?引越しのトラックが

 


 

なんと、連帯保証人である父親も手伝いに来ています。

さっそく、確約書を準備して、O氏と二人で滞納者を直撃しました。

クマ 「○○さん、引越しする日を教えてくれるんじゃなかった?」

滞納者 「あっ これから連絡しようと思ってたんですよ」

O氏 「お父様に家賃の話してますよね」

滞納者 「えっ・・・少しは

クマ 「こないだ認めた5年分の滞納金、退去後も支払うって署名して下さいよ」

滞納者 「あっ それ、5年は滞納してません」

クマ 「話が違いますね、 お父様と協力して払う義務がありますよ」

O氏 「でしたら何年滞納してたんですか?」

滞納者 「3年は間違いないんですが・・・」

クマ 「お父さん、計算すると150万になりますが協力して頂けますよね

父親 「そうですね、払ってないんじゃ払わないといけませんね」

O氏 「出来れば分割じゃなく一括でお願いしたいのですが」

母親 「もう少しまけて頂ければ月曜日に振込みますが」

クマ 「○○さん、ホントは5年近く滞納あるんだから

父親 「130万でしたら月曜日に必ず」


結局、大家さんが承諾して130万円で確約書作成しました。

夜逃げされて残置物撤去費用とか掛かる事考えたら良い選択のような気がします。

あとは、入金を確認すれば終わりです

どうなるかな?→人気ブログランキング