応援ありがとうございます→人気ブログランキング

賃貸経営において空室対策と入居者に長く住んで頂く「テナントリテンション」(入居者保持)は、とても重要な項目です。


自分の勤務先では当然の事ながら空室対策に力を入れておりますが、テナントリテンションの研究と実践にも重点をおいています

昔から入居者に長く住んで頂く考え自体はあったと思いますが、空室対策に並ぶ二大重要項目にもかかわらず体系的にまとめてある書籍もセミナーも少なく感じています。


そんな事を考えていたところ、すごいチャンスが訪れました

詳しいことはすべて終わってから話しますが、当社の管理物件中最大規模の建物で、数百人の多国籍な入居者が住んでいる寮タイプの物件を改善します。

アンケート第一弾として入居者の思っていることを知るためにアンケートを行いました。

アンケート配布して数日で40人程の回答がありました。

質問が30項目以上あるので分析も大変です 

今回は、とりあえず日本語で出しましたが、中国語・韓国語・英語版のアンケートも完成させて、最終的には全入居者からアンケートを回収します。

「物件に対する物理的な不満」

「人的関係の不満」

「運用システムに対しての不満」

その他、入居者の望んでいる事を徹底的に洗い出して改善方法を探ります。


これだけ大規模な建物でいろんな国の方が住んでいる物件の調査結果をまとめられるのは滅多に無い事だと思います。


しばらくは大変そうですが、テナントリテンションの研究と実践にとても有益な課題だと思っています。

頑張りますよ〜


応援してね→人気ブログランキング