br_banner_kujira←クリックで1票入ります。
不動産系のブログリンク集です。



「陽あたり良好!」


定番のコピーですよね。


でも今の時期はちょっと嫌かも・・・



昨日は、お客様のご案内で「陽あたり最高!」と書いてある物件を案内しました。


雨戸無しの物件の室内はサウナみたくなってましたよ



地球温暖化の影響で今後は「陽あたりなし!」の物件希望者が増えたりして・・・



この時期のクレームで多いのは設置してあるエアコンの故障だと最近書きました。



でも故障じゃないのに苦情になる事がたまにあるんです。


「冷たい風が出ているのに部屋が冷えない」系の話・・・


外気温が一昔前に比べて高くなっているのだと思いますが、40度近くまで上がるとエアコンによっては部屋の冷えが悪くなります。


エアコンのガス抜けなども考えられますが、部屋の大きさに合わないエアコンの設置が原因となる事が多いです。


6帖用のエアコンを12帖あるリビングに付けちゃった場合など外気温に負けちゃいます。


特に「陽あたり抜群の最上階」は要注意です。



エアコンの部屋に対する容量は電気屋さんでも表示されていると思いますので大丈夫だろうとかケチって能力低いの買わない方が良いです。

また、日本冷凍空調工業会のHPにエアコンの容量目安が載っていますので参考にしてみて下さい。
 
部屋の広さ:機種に見合った部屋の広さ(木造・南向き)
 
冷房能力ランク(kW)〜2.22.52.8〜3.6〜4.55.05.66.37.18.09.010.0
畳 数(畳)6810121416182023262932

上記は電力消費の観点からの目安ですので最近の夏の温度の高さを考慮して更にワンランク上のエアコン選んでた方が良さそうです。


ちなみに「冷たい風が出てくるけど部屋が冷えない」の対処は「厚手のカーテンで陽が入らないように」とか「扇風機を併用するといいかも」なんて感じで伝えてます。


br_banner_fuurin←クリックで次の話へ