banner_argyle_[1]←クリックで票が入る仕組みなんです。



たぶん〇〇だろう・・・

この仕事をやっていると感じる事があります。

滞納者が言っている「お金を落とした」「保険金がもらえる」「友達に振込み頼んだら持ち逃げされた」「親や兄弟が危篤」・・・


大体この位に絞られるのが不思議です。


ウソだろうと思いますが・・・


まぁ滞納の場合、言い訳なんか関係ないので言うだけ無駄なのですがね



きのうは滞納&「たぶん」汚部屋の解約立会いがありました。



しばらく前から滞納癖があり部屋のバルコニーに大量のゴミが置いてあったので注意した事があったのですが、昼間でも厚手のカーテンを開けた事が無いので部屋の中がすごい状態だと推測されます。


大家さんも「今の時期に出てもらえれば春の募集に間に合う」と退去を望んでいました。


ちょうど3か月溜めたところで入居者本人さんと連絡が取れなくなったので保証人である親御さんを呼び出しました。


その時に滞納は解消したので滞納での契約解除は振り出しに戻りました。



そうなると「ゴミを室内に大量に置いている事」を理由に契約を解除する形になります。


が、室内に勝手に入る訳にもいきませんので証拠がつかめません。


そこで、親御さんにお願いしてみました。


クマ  「〇〇さん、部屋の中で倒れていたりすると困るので確認した方が良いと思います。


父親  「そうですね、鍵を貸して頂けたら見に行ってきます」


自分も行きたかったのですが、「結構です」と断られたので、ご両親に行ってもらいました。


それから2週間後、お母様より連絡がありました



母親  「部屋の引越終わりましたので契約解約でお願いします」


クマ  「えっ? 部屋が空っぽになったんですか?」



母親  「はい、何も無い状態にしましたので解約します」



クマ  「退去確認の立会いと1か月前通告の日割りを頂きますのでよろしくお願いします」



と、伝えて立会いを指定してきたのが昨日でした。



フローリング部屋の方はきれいに中身を撤去頂いた形でした。

ご両親が、隅々まで掃除してくれて臭いもわからなかったです。



フローリングの表面がダメになっていたのは痛かったですがこれからオーナーさんと調整です。


今回は、5月の時と違い保証人さんに解決してもらったので手間が掛かりませんでしたよ

banner_argyle_[1]←このブログの順位と最新の不動産ブログ情報がわかります。