banner_argyle_[1]←頑張ってます。
クリックで応援お願いしますね。


数年前にCPMの授業を受けている中で、ディベート演習と言うものがありました。


ある課題について賛成派と反対派に分かれて討論する授業です。


ただの議論だったら日常社内で上司とやってますが、この日の演習は普段ありえない「途中で主張を正反対に交代する」仕掛けがありました。


今まで力説していた主張を突然全力で否定する・・・


当時のブログを見るとかなり面食らった様子が書かれています



いい授業でした。



きのうは、この授業を思い出す出来事がありました。


以前から滞納癖があるAさんについて物件オーナーの奥様と相談して「厳しく対応して改善の見込みがなければ契約解除の方向で進めて結構です」と、言われていました。


賃料を払わないのであれば当然の話です。



賃料2ヶ月滞納で内容証明を出したところAさんから今後の事について相談がしたいと連絡がありました。


Aさん 「遅れている分については分割払いで必ず払いますので契約解除は勘弁して下さい」



クマ  「今回が初めてじゃないですから大家さん怒ってますよ」


Aさん  「申し訳ありません。引越しするお金があるんだったら滞納家賃に回しますので」


クマ  「Aさん、分割払いの約束破ったら今度こそ契約解除になるって一筆もらうけどいいですよね」


Aさんは週払いのアルバイトをされているとの事で、1週間に1度3万円を入金して来月には滞納が完済される書面を書いてもらいました。


オーナー様の奥様にはその旨報告して「厳しく対応するように」と言われました。



順調に毎週3万円が振り込まれること3回。



4回目にして振り込み額が1万円になっていました。


ここでオーナー様に報告。


珍しくご主人様が電話に出られました。


クマ  「滞納者のAさんですが週払の分割で順調だったんですが今週は1万円の入金しかありませんでした」


ご主人  「1万円? どういう事?」


クマ  「たぶん生活費が足りなくなったんだと思います。先日話した通り厳しく対応しようと思うんですけど」


ご主人  「この寒い年末にAさん頑張ってるんだから可愛そうだよ」


クマ  「・・・  まぁ滞納した上での分割の約束分ですから」


ご主人  「1万円しか払えなかったってよっぽど困ってるって事でしょ」


クマ  「けっこう真面目そうな人だからパチンコに消えたって感じは受けなかったです」


ご主人  「じゃぁそんなに厳しくしなくていいですから」


クマ  「そうですか・・・ じゃあ次回分で追いつくようにせかしますね」


ご主人  「なんだか可愛そうだから家賃〇万円に下げちゃって」




すごくビックリしましたが、オーナー様の考え方の問題ですので反対して部屋で自殺でもされちゃ責任取れません。



さっそくAさんに電話しました。


クマ  「もしもしAさん?」


Aさん  「すみませんでした。今週は厳しかったので・・・」


クマ  「大家さんと話したんですけどね」


Aさん  「わかってます契約解除の話ですよね」


クマ   「それがね・・・」


Aさん  「引越するにしてもお金が全くないんです」


クマ  「そうじゃなくて大家さんが来月から・・・」


Aさん  「来月出ろって言うんですか? 無理ですよ〜」


クマ  「話を聞いてくださいよ、来月から家賃〇万円に下げるって言ってくれましたよ



Aさん想定外の言葉にすごくビックリしていました。


改めて滞納賃料分割&賃料改定の覚書を書いてもらうことになりました。


何とも複雑な気分でしたが、Aさんのように払う意思のある滞納者の方は早く普通の入居者に戻って欲しいものです。


年末は滞納ネタが増えて嫌な感じのブログになってしまいましたが、賃貸管理の現場はこんなもんです。



会社の方は、本日28日が仕事納めです。


明日から1月5日まで冬期休暇となりますが、ブログは休みませんのでよろしくお願い致します




banner_argyle_[1]←更新の活力になります。
たまには押して下さいね。