br_banner_tsubame←いつもクリックありがとうございます。
ツバメ君喜んでます。

きのう(26日)は、CFネッツ加盟店実務者研修に参加してきました。

日比谷公園 (1)快晴の日比谷公園は歩いていて気分が良いです。








日比谷公園 (2)ぞろぞろと猪俣ゼネラルマネージャーを先頭に10数人で歩きました。








途中、某ホテルの前で猪俣さんが自分に近づいてきました。



「時間ピッタリに着きそうだなぁ」




帝国ホテル定刻ホテル

お得意の駄洒落です。






歩く事約10分。


東京地裁到着した場所は、東京簡易裁判所と東京地方裁判所。







今回は訴訟系の実務講習だったので実際の裁判の様子を傍聴しに行きました。


簡易裁判所は、消費者金融系の訴訟を淡々と進めていて全然面白くなかったのですが、地方裁判所で傍聴した刑事事件は重たかったです。


酒癖が悪いのにお酒大好きで、酔っ払ってお酒を盗んで警備員に暴力振るっちゃったオジサンの裁判だったのですが、スーパーの店長さんや警備員さんへの反省文を弁護士さんが朗読して「被告人は二度とお酒を飲まないと誓っている」なんて情に訴えてました。


不景気の中、仕事も無く釈放されたら生活保護の申請をしに行きます。


なんて、更生の話をしたかと思ったら検察官が「犯行は計画的で悪質、情状酌量の余地は全く無く再犯の可能性が非常に高い」


なんて厳しく言い放って追及します。


裁判官も検察官も弁護士も「お酒をやめるにはどうすれば良いか」を真面目に議論していました。


あなただけの力ではお酒は止められないと思うから治療施設を行政に紹介してもらう努力をしなさい。


と、さっきまで冷たかった検察官も心配していました。





刑務所に入って禁酒すればいいじゃん・・・


と、誰も言わないのが不思議でしたよ


まぁ、罪を犯したとは言え更生させる事も考えないと刑務所出たら繰り返しちゃうんでしょうね。


重たい内容でした。



傍聴が終わってからは、すごく実務的な滞納者への法的手続きの対応方法について、裏話系のテクニックを交えて学んできました。



自分も本人訴訟ができる案件で経験積もうと思いました。



でも刑事事件だけは経験積みたくないです


br_banner_tsubame←不動産系の話はこちらからどうぞ