br_banner_tsubame←いつもありがとうございます。
クリック頂けると嬉しいです。

先週、「すごい勢いで怒鳴りつけられた」と、ブログに書きました。


某、大家さんに、「ゴミ置き場の隙間にカラスが入り込むから隙間を塞ぎましょう」と電話で連絡を入れたところ「そんなのは、管理会社がやれ!」といきなり命令口調で言われたので「実費程度頂きますね」と優しく伝えたら大爆発。



今まで、そんな事を言う大家さんじゃ無かったのに・・・



その時は、自分も頭に来て「関係回復の必要なし」、とか思ってました。



が、日が経つと「怒鳴られたくらいで管理物件を失うのはもったいない」との気持ちの方が強くなり、嫌な気持ちをいつまでも引きずっていられませんし、今後管理を継続できるのか判断しないといけないので大家さんに会ってきました。



1時間くらい話を聞きましたが、土地売買の絡みでトラブルがあって、不動産業者が大っ嫌いになったそうですが、その業者と当社がなぜか同じ会社だと決めつけていました。



とりあえず誤解を解いて管理も継続となりましたが、とても変な話です・・・




ほんと、いろんな事があります。


はっきりした答えが出ない事もある訳です。


ブログネタとしては中途半端になりましたが、こんな意味がなさそうな案件でも意味があったりするのかもしれません。




自分としては、これから研究して実践しようと考え出したクレーム対応系ビジネスのヒントになったような気がしてます。




さて、本日水曜日は定休日です。


が・・・


午後からちょっと珍しい場所に呼ばれています。


「お尋ねしたいことがありますからお越しください」

P1120435ご招待してくれたのは検察庁・・・

4月に起こした車対車の事故の件で呼び出しです。

既に、行政からは5点減点の通知が届いていますが、今度は何でしょうか?






経験者の人に聞くと免停の場合は「出頭しなさい」ともっと強い感じで書いてあるそうです。


「お尋ねしたい」とか「お越しください」と丁寧に「お」が付いてるのでちょっと安心ですが、罰金か反則金の判断のような気がします。


まぁ何事も経験ですが、こんな経験したくないものです




午前中は床屋さんに行ってきます。


自分、3カ月に1度坊主頭にしていますが、初対面の人には「反省の為に頭を丸めましたとか」使えそうです
br_banner_tsubame←不動産の話はこちらです。
最新の更新情報をご確認下さい。