←いつも読んで頂きありがとうございます。
ツバメ君を押すと票が入ります。

「あんないい人は珍しいよ」


解体屋さんの社長さんが感心しています。


写真 (89)先日、長年賃貸物件として貸してきた物件の解体を依頼されました。

大家さん宅の隣にある築40年の一戸建です。






狭い私道を使わないと重機が入れないのと、密集している奥の家なので近隣の皆様にしばらくの間、ご迷惑をお掛けします。


解体屋さんの社長さんは、近所と仲が悪い場所の工事なんかをすると、工期に影響がでたり過剰な養生費用が発生するので、近隣挨拶には神経を使うそうです。


今回は、依頼主であるご主人様が近隣挨拶に同行してくれましたが、日頃からの付き合いが良いのでしょう、挨拶に回った皆さん全てが快く了解してくれました。



「あのご主人さんは、すごく人間ができてるよ」



解体屋の社長さんは率先して挨拶するご主人様の人柄に感心してました。


「やっぱり人間、いい人が一番だよ」



普段、嫌な事に会うことが多いみたいで何度も繰り返してました・・・



確かに、自分も嫌な事に会うことが多い仕事していますが、いろいろ主張する人がいます。


もちろん当然の主張もありますが、「言った者勝ち」・「ゴネ得」と言った考えが基本の人や、ストレス解消でやつ当たりのように怒りをぶつけてくる人もいるように感じます。



と、思うこともあれば、遠慮してあまり言わない人、迷惑を掛けているのに労いの言葉をかけてくれる人もいる訳です。



・・・



きのうは水曜日に発生した漏水トラブルの復旧作業をしました。


2階の給湯管が原因であることまで突き止めて応急処置をしていましたが、専門業者さんに続きの処理を頼みました。


写真 1 (3)ユニットバスの点検口からでは施工不能と判断されたので仕方なく廊下の天井を開口することにしました。

この段階で、石膏ボードとクロスの復旧工事が加算されて修復時間が大幅に延びることが確定です。









「パイプ交換で2時間、天井の復旧で2時間、合計最低で4時間は掛かると思いますが、今日中に施工でよろしいですか?」


と、入居者さんに確認してみました。


入居者  「それって、その時間内に終わりますかね?」


クマ  「状況によってはもっと伸びる可能性もあります」


入居者  「そうですか・・・ こちらも予定がありましてね」


クマ  「ご迷惑をお掛けしてスミマセン・・・」


入居者  「いえいえ、 取り急ぎ2階の方がお湯を使えるようにして頂いて天井の復旧は連休明けでかまいませんよ」



何とも優しい方です。


こう言う工事はスピードが要求されるので、1日で終わるように水道業者さんの他にクロス屋さんもスタンバイしてもらっていました。


正直、原因個所の特定に時間がどれくらい掛かるかわからない状況でしたから最低4時間で完了できると思いますなんて不確定に言うのも迷惑かも知れません。


写真 2 (3)お言葉に甘えてパイプの交換作業だけやらせて頂きました。

とりあえず1ヶ所の開口でほぼ原因個所が特定できたので銅管をカットしました。











写真 5今時は銅管ではなくポリエチレン管を使うそうです。

お湯が赤の被覆で水が青の被覆とわかりやすいです。










予定を1時間ほどオーバーしてしまいましたが、入居者さんに缶コーヒーまで頂いちゃって恐縮です・・・


こう言う対応をされると恩返しがしたくなるものです



嬉しい対応の後には厳しい対応がありました。



某高級分譲地の一戸建賃貸管理物件で、入居者の方が隣地の所有者に境界問題で苦情を言われたそうで現地確認で隣地所有者宅を訪問しました。


当然、所有者である貸家オーナーと隣地所有者の関係になるのですが、管理を承っている以上、受付窓口になります。


隣家に訪問すると奥様が対応してくれました。


初対面でしたが、かなりご立腹の様子で「回答期日いつまで」とか「一筆書いて欲しい」とかいろいろとご注文が


自分は冷静に対応していましたが、多分単純じゃない出来事の始まりなのでしょうね


いろんな事があって、いろんな人と接する仕事です。



勉強になりますね



 
←そろそろ連休なんですか?
不動産ネタはブログランキングからどうぞ。