←いつもありがとうございます。
毎日押して頂けると嬉しいです。

昨年より引っ張ってしまった案件で変なのがあります。


幽霊の夢を見て叫んでしまう人。


その度に近隣入居者から苦情が来て対応していましたが、昔よりかなり良くなっているものの完全には治りません。


最近は、起きている時に単語でボソッとお祓いをしているような声を出しているとの情報が来ていますが、大声でなくても不気味だからやめるように注意しています。


この入居者さんへは何度も呼び出したり訪問していますが、普通に話ができて「気を付けてるんですが・・・」と申し訳なさそうにします。


正直、騒音と言うには音量が小さいですので、「不気味な声を出すのはやめて」と、注意しています。


寝言なのか独り言なのか病気なのか・・・


そんな判断は自分にはできません。


周りの入居者さんは管理会社か警察に相談するのが正しいと思うのですが、この方の相談先としては専門の病院が正しいのかも知れません。


霊能者の方にみて頂くと違う方向に導いてくれるかもしれませんが、顧問弁護士はいても顧問霊能者はいませんので


正直言って、自分お化け系の話が大好きなのですが、この仕事をやっていると霊感の強い大家さんや入居者さんとお会いする事があります。


その昔、自分が賃貸客付を担当した霊感の強い入居者さんが、部屋を借りて1か月もしないで「幽霊が出るから解約する」と言ってきた事がありました。


仲介料や敷金・礼金を返して欲しいとか言ってきたので、とことん突っぱねたのですが、「そんなに霊感が強いんだったら何で案内した時に気が付かないんですか!」と言ったところ「たまたま霊が出かけていなかったんだ!」と言い返されました。


まぁ何とでも言えるって話ですね


結局、普通に解約させてもらいましたが、解約立会の時も、「お墓からお寺までの間が霊道になっていてちょうどこの和室を横切って霊の往来があるんです」と、まじめに説明してました。


この霊感が強い入居者さん、本気で語っていましたので、本当なのかもしれません。


この分野の話は、頭の中で作り出す幻覚なんじゃ無いかと思っていますが、自分は金縛り体質で、同時に怖い夢を見ます。


今年97歳のAさんの歴史まとめの写真編集をやり始めてから極端にすごくなってきた気がします。


歩兵第3連隊時代15(2)まぁ夜中まで70年以上前の写真をいじっていたので、そうなっているのかも知れませんが、たぶん写真が語りかけている気がします。







何よりも、Aさんが元気でこの世にいるのですから、あの世の人よりも優先ですよね。


と、いう事で本日(木曜日)も定休日なので写真編集頑張ります!


←不動産系ブログの最新更新情報がわかります。
次の話へはこちらから。