昨日は仕事の方がバタバタでしたが、18時30分からお世話になっているオーナーさん主催の飲み会に参加しました。


オーナーさんは最近まで大学教授をされていて専門が薬学です。


96f80a43以前は、「給水ポンプが壊れたとかクロスの張り替えどうしましょう」なんて感じでしか接点が無かったのですが、今年の6月にご所有のリゾート物件を売却させて頂いたのでその絡みでいろいろとお話させて頂く機会がありました。






それでもほとんどが不動産絡みの話でしたので、飲み会で気楽に話すのは初めてです。



写真 3 (2)オーナーさんは70代中盤なのですが、当然ながらご専門の話に関してはプロ中のプロです。

ここぞとばかりに風邪薬マニアの上司Sがいろいろと質問をぶつけます。







正直言ってカタカナの話ばかりですが、わかりやすく解説してくれます。


クマ  「そんな小さい世界は顕微鏡で確認してるんですよね?」


先生  「まぁ目で見るより分析するわけだよ」


クマ  「どうやって細胞をくっつけるんですか?」


先生  「ん? 溶かしたりいろいろある」


クマ  「はぁ・・・ すごく小さいんですか?」


先生  「それは10の−9乗とかの世界だったりもっと小さかったりね」


正直言って自分には意味不明でしたが、こんな研究をしているお陰で普段飲んでいる風邪薬なんかが開発されているんですね。


写真 (7)不動産関連の仕事しか経験が無いのですが、遠い昔に元素記号とか化学式とか習ったような気がします。

社会に出てから役に立つどころか全く忘れていても不自由しないと思っていた分野ですがこう言う世界に進まれた方には役に立つ勉強だったのですね・・・







先生からは、自分が全く想像もしていなかった世界の話が聞けてとても楽しかったです。


自分が聞くとあまりにも基本がわかっていないのでドチテ坊やならぬドチテオヤジ状態になってたかも知れません



2時間くらい楽しませて頂いて、帰りがけにある疑問を思い出したので先生に聞いていました。


クマ  「先生、昔から気になってる疑問があるんです」


先生  「何かね?」


クマ  「パブロンとかロキソニンとかイブプロフェンとか風邪薬って最後がンじゃないですか?」


先生  「そうだねぇ」


クマ  「名前のつけ方に決まりがあるんですか?」




先生  「・・・   知らん」



何か低レベルな質問したのかも知れません




写真 4その後は社員数名とカラオケに行って飲み放題コース。

ハイボールを10杯くらい飲んだ気がします・・・






で、今日は朝からいろいろあってお昼のブログ投稿になっちゃいました。


これから97歳Aさん関係のまとめ作業を始めますのでこの辺で