df2fa93e昨日は浴室の壁を専門業者さんに補修してもらいました。

見た目だけの問題であれば塗装するとかフィルム系でも良さそうですが、水が内部に染みこんでしまっては劣化が進行してしまいます。









こういう系の他にもユニットバスの下部がサビでボコボコになることがあるのですが、酷くなりすぎると丸ごと交換しかなくなっちゃいます。



来てもらった業者さんは、サビ系のボコボコでも何とか出来ますよと言っていたので次回はボコボコ系をお願いしてみようと思います。


業者さんによって差があるかも知れませんがダイノックフィルム貼った時には10万円くらい掛かりましたが、半分程度の予算で出来ました。


が、見た目はダイノックフィルムの方が良いです。


写真 4 (3)細かい事は企業秘密なので写真に撮れませんでしたが簡単に言うと傷んでいる表面を加工して約18センチ幅のパネルを貼って見切りを付けて防水加工する感じです。


劇的に見た目が変わる訳ではなく地味にアクセントが付いた感じです。







写真 3 (4)デザイン性を求めるならダイノックフィルムですが、機能的に問題なく見た目が普通程度なメンテナンス効果を望むならこの工法でも良いと思います。








業者さんのブログでの紹介は、あと何例か頼んでみて経過を確認してからにしたいと思いますが、印象は良かったです。



探してみるといろんな専門業者さんがいるものですね。




写真 5 (3)きのうは夕方から管理課S君と合流して入居前準備をしていました。

物件が古くなってくると何かとダメになって来て手間が掛かります。






入居前準備って意外とやることが多いのと、変な故障があったりすると余計な時間をとるので結構大変なんです。

新築とか築浅ばっかりだったら楽なんですけどね・・・


入居前準備屋とかやったらこの時期はかなり儲かるような気がしますが、季節もので終わっちゃいますね


では今日も頑張ります