_SS500_シーエフネッツ猪俣淳ゼネラルマネージャーより新刊「不動産投資の正体」を送って頂きました。

マニアックな猪俣GMなので難しい本を想像していたのですが、とても読みやすくて図や表も多くてわかりやすいです。








お金を増やす目的で投資をする訳ですが、当然ながらリターンの裏にはリスクがあります。


同じ金額を得るなら安全で早く得たいところですが、ココらへんの考え方がぶれてくるとハイリスクな事をして失敗したり、すごく長期的にしかお金が増えなくなってしまったりする訳です。


不動産投資に関して、正直自分は仕事上でリスクばっかり見て来ましたので、自己資金をたっぷり貯めてからでなければやらない方が良いと思っています。


昔のバブルの時もそうだったかと思いますが最近の株高で、儲けたお金を不動産に換えようと考える人が増えそうです。

まるっきり不動産の事がわからなくて株と同様に投資だと思って手を出すと面倒な事が多すぎて嫌になると思います。

ある程度勉強しておかないと失敗の元だと思いますので、入門書としてぜひこの本をオススメしたいです。



さて、本日は朝一番で一戸建ての買い替え希望のお宅を訪問します。

その後は昼過ぎから町内会の方に呼び出されているので、ご意見を賜ってきます

夕方はアパートのオーナーさん(70代後半)と不動産に興味の無い息子さんへの承継方法について打ち合わせしてきます。


町内会は余分ですが、不動産に関する相談事のボリュームが自分の仕事として増えてきています。


ここら辺で自分の知識もUPしないといけないと思いますので6月に行われるCFPの試験の不動産と相続の課目だけ受験しようと決めました。

全部で6課目合格しないといけないのですが、仕事に直結する2課目から挑戦してみます。


しばらく試験勉強から遠ざかっていたので自信ないですが・・・


ではまた