「入居前から部屋に置いてあったんだって」


写真 2 (3)と、言われて渡されたのは箱に入ったISDNターミナルアダプタです。

15年くらい前、当時新築だったマンションで「ISDN導入済み高速通信マンション!」とか流行った時期がありました。






その後、ADSLが出てきて光ファイバーが普通になって、今では無線系のLTEとかいろいろ進化しました。


自分、自宅でインターネットを初めて開通させた時は写真を見る時に待ち時間があるのが普通なモデムだったのですが、ISDNが登場した時には「高速通信だなぁ」と感動した記憶があります。


当時は動画を見るなんてことが無かったので写真が見れる程度で満足だったんですね。


先日の古いデジカメに続いてデジタル物の進化を感じる一品でした。



さて、昨日は買い付けの入った土地の売主さん宅に行ってきました。

土地と言っても古家があって、そこに70代の売主Bさん(女性)が住んでいます。


古家は、築55年でもともと事務所兼大家族で住んでいたので増築を繰り返し160平米もあります。


7d153006いつも自分が通される部屋は建物の奥にある客間なのですが、客間に行くまでにたくさんの部屋があることは知ってました。

売却が決まったので、いらない物を処分する手伝いをしようと思い、全部屋を確認させてもらったのですが・・・







広い&古いタンスとか亡くなったお父様やご兄弟の使っていた趣味のステレオとか本とか物が半端無くあります


写真 1 (3)一番ビックリしたのが、Bさんが「物入れ」と言っていた扉を開けたら10帖くらいある元ダイニングが出てきて物が大量に置いてありました。

珍しい物がたくさんありそうなのですが、ほとんどの物を捨てないと明け渡しできません。





とりあえず、大事な物を一部屋に集めて、重たい物で引越先に持っていくものには赤テープ付けるようにお願いしてきました。


それ以外の物は全て解体屋さんか、ゴミ処分屋さんに処分をお願いする予定です。


で、物の件はお金で解決できると思いますが、もう一つ重要な仕事があります。



Bさんの引越し先探しです・・・



家を買うのはもったいないとのことで、賃貸で探す予定です。

ご高齢&年金暮らし&地域限定ですので難易度が高いのですが、しばらくはトランクルーム&ホテル暮らしになっちゃう可能性もありますので、こちらも一苦労しそうな雰囲気です



昨日は時間が無かったのでじっくり見られませんでしたが、物を処分する前に、1日時間を作って骨董品とか貴重なものが無いか探すの手伝いたいと思います。



さて、本日は午前中に投資用ワンルームの売却依頼のお客様の応対を予定しています。

その後、新築アパート建築にあたっての調査、解約立会、最後に全社会議となりますのでちょっとバタバタな火曜日になりそうです。


ではまた