少し前に書いた「和式トイレを洋式に変更したら狭くて不満」のAさん。

その後、「タンクレストイレに変更しても数センチしか足元が広がらない」と言う結論に「しばらく使って様子を見る」と、言う事になってました。

が、一人暮らしで買い物程度しか出かけないAさんは、「家」が世界の中心です。


昨日も、元々の担当上司Sと一緒にAさん宅を訪問してきました。


c22c5a8eAさんは、近所のスーパーに設置されているレバー式のフラッシュバルブトイレを自宅に取り付ければ10cm以上足元が広がるはずだと、自分たちに寸法を測ったメモを見せてくれるのですが、このタイプ水圧の関係で使えないのです。






が、自分は水道業者じゃないので「そこを何とかしてくれる業者を探してみて」と言われてしまいました。

記事を書いた時にコメント欄に「加圧装置がそんなに高くないですよ」とメッセージ頂いたので今日いろいろ当ってみます。


写真 1 (25)ただ、根本的に狭いのは変わらないので、Aさんを説得して、トイレの部分だけ増築した方がスッキリすると自分は思っています。

コダワリのある方なので、どうなるでしょうかね・・・







写真 2 (3)帰りの車中では上司Sに「金曜日に騒音トラブル元のA氏が起こした口論の様子」についてどんなものなのかiPadで聞かせてあげました。








何度か書きましたが、全編エキサイト状態の2時間にも及ぶ口論なので、聴き応えがありすぎるんです。

登場人物は、

騒音元A氏(男性 アラフォー)・クマ・管理課S君・警官1・警官2の5人。

騒音被害の実態を掴み警告するためA氏の住んでる部屋の隣室に泊まりこんでいる時期だったので、A氏にしてみればかなり追い込まれた心境だったと思います。

聞き返してみると確かにエキサイトしている現場の様子は面白いです。

何回かブログにハイライト場面を書きましたが、書ききれないくらいにネタが溢れています。

今日は、そのうちの数カ所を文字でご紹介しましょう


A氏  「裁判の意味を知ってていってるんですか?」

クマ  「はぁ? 何いってんの わかってますよ」

A氏  「じゃぁ意味を言って下さい!」

クマ  「なにそれ 時間かせぎだか何だか知らないけど意味あるの?」

A氏  「わからないからって逃げるな!」

クマ  「いい加減にしなよAさん、あんたになんて答える気もしないよ」

A氏  「では、わからないようなので私が答えます」

A氏は、最近買ったスマホに「裁判」と打ち込んで意味を調べました。

そして棒読みで書いてある内容を読み上げ出したのです。


警官  「わかったからもういいよ! スマホが使えてすごいですね」

クマ  「漢字が読めたのもすごいよ」


爆笑の後にA氏が更にエキサイト・・・


A氏  「生活音しか出してないんだから出てけ何て認められない!」

クマ  「はぁ?今更なに言ってるんだよ、いい加減にしなさいよ」

A氏  「さっきから気になってるんだけど何ですか はぁ? って」

クマ  「また始まったよ、Aさん小学生以下だよね」

A氏  「はぁ の意味から言ってもらいましょうか?」

警官  「幼稚園児並だ いい加減にしなさい!」


お巡りさんも何度も現場を押さえているのでA氏の言動に腹が立ったことでしょう。

この一件の翌日に「引っ越し先探します」と連絡があったのと、近隣の方から「音が小さくなった気がする」と言われてますので宿泊は控えますが、次の手を打った時にどう出てくるか気になります。

それにしてもこの一件、お笑いネタだと思っていると辛くなくなることがわかりましたよ


さて、本日は午前中土地造成の打合せ、午後からは宇都宮のアパート売却の件でBさんと打合せに行ってきます。

ではまた