早いもので6月になってしまいました。

この時期でも冷房を入れるのが当然になるくらい気温が上がっていますが、朝晩は涼しくなるのが救いです。


写真 4 (1)きのうは、某地主さん(70歳)宅へ行ってきました。

今の時期は玉ねぎとかニンニクの時期みたいで、ご自宅の前に売るほど並べてあります。

この地主さん、ご夫婦で農業をやっていますが、60歳までは、別の事業を行っていた社長さんでした。





丁度、60歳になった時に、事業を辞めて農業でノンビリしようと決心したのですが、あまりにも田んぼや畑が大きいので、ぜんぜんノンビリ出来ないそうです。

で、隠居するつもりだったと言ってますが、どんどん農地や収益不動産を買い進めていたので次の世代への引継ぎが課題となっています。


地主  「正直言って、農業は子供に引継げないからマンションとアパートだけはしっかり引継ごうと思うんだよ」

クマ  「不動産の方は管理会社入れればサラリーマンでも大丈夫ですけど農業は大変ですよね」

地主  「そうなんだよ、老後は畑やりながらノンビリと思って会社たたんだのに全然ノンビリできないよ」

クマ  「趣味の家庭菜園程度なら良かったんでしょうかね?」

地主  「別に厚生年金だったし不動産でも収入あるから農業頑張らなくても良かったんだろうね」

クマ  「お金の為にやってる訳じゃ無いんですね」

地主  「何もやらないでブラブラとかオレには出来ないよ」


その後、相続税の話になり早めに対策しないといけない状況だと伝えたのですが、今の顧問税理士さんに相談して考えるとの事でした。

不動産系が得意な先生なのか接点が無いのでわかりませんが、このままだと相当な税金を納める事になるでしょう・・・

で、この地主さんの所に行くと8割方株の話になります。

いつも、畑仕事をしているのに株の情報に関しては最新のネタを持っています。

自分は、ネット系の情報収集がほとんどですが、この地主さんは証券会社の担当に電話で売り買いの指示を出すタイプなので証券会社の担当から情報を仕入れるそうです。

クマ  「ここ1週間くらい上がってきましたよね」

地主  「そうだよ、これからいい感じに上がるから」

クマ  「そうですかね? そう思って仕込むとやられる感じですので」

地主  「負ける人は損切りが早いだけなんだよ」

クマ  「でも、損が大きくなる前に逃げないと塩漬けになっちゃいます」

地主  「株は長い目で見なきゃダメなんだよ」

クマ  「そうしたいんですけどね、含み損抱えるのは辛いですよ」

地主  「上がんなきゃ2年でも3年でも待てばいいんだよ」



何か元々の資本力が自分と桁違いなので真似はできません・・・

自分が信用取引で無理しても届かないくらいの金額を現物でやっているので、全く体力が違う訳です。

地主  「今度○○が良いって情報が入ったんだけど、どうなんだろ?」

BlogPaintiPhoneで株価のチャートを出して見ましたが、何で上がる見込みがあるのかわからない感じです。

クマ  「上がっちゃった後ですよ」

地主  「そっか、まぁチャートだけでわかるもんじゃないからね」

クマ  「多分、下がると思います」

地主  「そっか、クマちゃんが下がると思うなら買ってみよう」







何か馬鹿にされた気がしましたが、正しい判断かも知れません

いろんな投資判断手法があるものです・・・

1ヶ月後にこの銘柄がどうなってるか楽しみです


さて、本日は夕方に社有地の除草作業に行って肉体労働してきます。

住宅地の中の空き地なのでちょっと草が伸びると苦情がきます。

毎月1日前後に作業しようと思いますが、早く売却したいところです・・・


ではまた