毎月月末になると滞納者の相手をします。

と、言っても1月に裁判で決着を付けた件を最後に大物がいない状態なので、2ヶ月突入の滞納者の相手程度だとネタにもならない感じでした。

が、来月分を入れると3ヶ月目に突入する滞納者が大物に育ちそうな予感がしてきました。

この滞納者、営業課N氏と10年くらいの付き合いで、2ヶ月滞納の状態までN氏が根気よく督促してくれていたのですが、交通事故にあったとか、勤め先の社長に金を貸して返ってこないとか、滞納者の言い訳定型文がたくさん飛び出していました。

それでも、昨年奥さん(30代)が闘病生活の末にお亡くなりになって、それ以来残されたお子さんを育てながら働いている状態ですので、心優しいN氏は丁寧に対応をしていました。

N氏に頑張ってもらったのですが、自分の方へバトンタッチされたので連帯保証人(亡くなった奥様の親)に電話してみました。

実はこの保証人には、1年前に2ヶ月滞納して督促掛けた際、「オレは素人じゃねぇんだ、ナメてんじゃねぇぞ!」と凄まれた事がありました。

その後すぐに滞納金が回収できてそれっきりでしたが、どうせ今回も凄んで来るだろうと思って電話したところ・・・


クマ  「ご無沙汰してます。 また滞納が始まったので代わりにお支払い頂きたいんですよ」

父親  「義理の息子(滞納者)から内容証明が届いたって聞きました、誠に申し訳ありません」

クマ  「では、お支払い頂けますね?」

父親  「あいつは、7月4日に金が出来ると言ってますので、それまで待って頂けないでしょうか?」

クマ  「何度も嘘をつかれている状態なので6月30日に入金しなければ契約解除することになるんです」

父親  「明日、本人に会って本当に払えるのか確認してきます」

クマ  「それで、ダメそうなら立て替えて払って下さい」

父親  「そう言う理屈になっている事はわかりますが・・・」

クマ  「お嬢様がお亡くなりになってお辛いところですが、お孫さんの為にお願いしますよ」

父親  「・・・   」

会話が止まりました。

いけない事を言ってしまったのか、逆切れする切っ掛けを与えてしまったのか・・・



父親  「亡くなった? 」


クマ  「・・・  」

父親  「生きてるよ」

クマ  「えっ ガンで亡くなったと聞いていますけど」

父親  「いろいろあって別居してるけど死んじゃいないですよ」


見事に自分も営業課N氏も騙されました

滞納者に対しては「払うか払わないか」しか無いわけですが、現実問題として奥さんが亡くなって辛いと、言われてしまうと多少は穏やかになってしまうものです。

こう言うのを「謀(たばか)る」と言うのですね。

「おのれ謀りおったな!」と、大河ドラマなんかで謀略にかかった武将が叫びますが、そんな気分です。

長年この入居者と付き合っていたN氏はかなりのショックを受けていましたが、滞納者なんてそんなものですね。


さて、先週の木曜日から始めた幽霊っているのアンケートですが、かなり具体的なコメントが入っています。

今週の木曜日あたりにまとめをしようと思いますので、まだの方はぜひご協力お願いします。




ではまた