←押して頂けると励みになります。

「お宅が管理しているアパートの境界の件で確認して欲しいので現地に来られますか?」

と、社員研修出発の数時間前に電話がありました。 


話を聞くと、数年前に某オーナーさんが競売で手に入れた物件の隣地を競売で手に入れた新所有者さんからの電話でした。


実はこのアパート、競売でのオーナーチェンジで他県のオーナーさんから管理を受託したのですが、物件取得時に旧所有者と結構なゴタゴタがあった物件です。


境界に関しては売買の受託と違って特に確認まではしていませんでした。

かなり広い敷地なのですが、周りが全て旧所有者とその親族の土地だとの事は知っていましたが、今回も連絡してきた方は、前と同じ旧所有者さんから競落したそうです。

電話を受けた営業N君と、現地へ行ってみると新所有者の会社社長さんがいました。

クマ  「先程電話頂いた管理会社ですけど」

社長  「突然スミマセンね、今度隣の土地の所有者になった○○です」

クマ  「アパートの敷地が越境しているってのは初耳だったんですけど」

社長  「公図で見るとわかりにくいけど、測量図みるとお宅のアパートの駐車場1台分がうちの土地になってるんですよ」

クマ  「地積測量図持ってきましたので測ってみましょう」

IMG_6364境界杭が1本だけ不明だったので、他の杭を基準にして長さを測ったところ見事に駐車場1台分と汚水の配管が隣地に越境していました






この物件、平成13年にアパートを建築したのですが、その際分筆が行われて敷地測量図が作られていました。

元々同じ所有者の土地だったので、細かい所を気にせず分筆したみたいです。

駐車場は残念ながら1台廃止で、汚水の配管も面倒なことになりました。

クマ  「これって、配管やり直さないとダメって話しですよね・・・」

社長  「今すぐ直せとは言いませんけど、この土地転売しようと思ってるのでそれまでにはお願いしたいんです」


早速、アパートのオーナーさんへ報告してみたところ、「そう言えば競売の物件報告書に汚水管が越境しているって書いてあった」との事でした

近日中に境界を確定して、汚水配管のやり直しを行うことになりましたが、こう言うのって、問題が発覚する日が来るものですね。

アパートにも運命みたいなものがあるものです



何だかバタバタした後は、午後6時過ぎに会社を出発して研修にでかけました。

毎年、この手の研修があるのですが、決して社員旅行では無いからと釘を刺されています。

IMG_6389まずは、寝台特急に乗る前に都内の飲み屋さんで食事です。

和食には日本酒だろうとの話になったのですが、自分は日本酒飲むと壊れるのでハイボールを飲んでいましたが・・・






IMG_6393酒に強い社員が集まっているので、飲み比べセットが出てきてしまいました

さすがに全部は飲んでいませんが、目が回りましたよ








IMG_6403で、その後は寝台特急サンライズ瀬戸に乗車。

3年前にはサンライズ出雲に乗ったのですが、寝ている間に目的地に付けるってのがいい感じです。






IMG_6422部屋は畳1帖程度ですが、窓から景色が見えるので圧迫感も無く、カプセルホテルより寝心地の良いベットなので、自分には快適に感じました。

まぁネットカフェとかカプセルと比べちゃいけませんね。





IMG_6407車内にはシャワーまであるので、夜行バスよりも全然いい感じでした。

でも、寝付きが悪い人は揺れるので激ねむ状態にしてから乗った方が良いかも知れません。






と、何とか1日目のブログを書き終わりましたが、本日は高松近辺での研修です。

明日も研修日記となりますのでご了承下さい。

ではまた明日

br_banner_tsubame←応援クリックお願いします。
1クリックが大きいです。