br_banner_tsubameクリックしてもらえると嬉しいです。
本日もよろしくお願い致します。

この仕事をしていると不思議に思う現象があります。

自分の周りだけの話かも知れませんが、受水槽のポンプが壊れたり、漏水事故が発生するのは、「土日祝日」なんです。

一体なぜそうなるのかわかりませんが、ほんと困ったものです・・・


で、昨日土曜日は管理している賃貸マンション2階にお住まいの入居者さんからの連絡で漏水が発覚しました。

午後1時過ぎ、「トイレの天井付近で水が垂れる音が聞こえる」との事で、管理課S君が出動。

いつも、漏水系の調査は確認作業をするので2人で行いますが、この時自分は別件でお客様を案内していたので、S君からのメールを見て事の重大さに気が付きました。

unnamed2階のトイレ天井を開口しましたが、漏水箇所がわかりません。

3階の入居者宅を訪問しましたが、不在の為、大至急入室許可を取って下さい。

状況は写真の通りです・・・






写真を見ると3階の共用廊下に水がしみ出ている状態です・・・

早速、外出中の3階入居者さんへ確認したところ、特に水をこぼした事は無いとの事。

と、なると給水系の漏水が疑われるので、合鍵での入室を了承して頂きました。

たまにですが、合鍵での入室を拒む方がいます。

散らかっている部屋を見られたくない程度の理由であれば、「下の階が水浸しになっちゃいます」と説得して了承して頂くのですが、それでも頑なに拒んだ方が「汚部屋の入居者」だったなんて事もありました。

今回の入居者さんは、入室をOKして下さいましたが、いくら契約書に「管理会社は非常時に入室できる」と書いて有っても嫌がっている人の家に入るのは難しいものです。

人が死にかけているとかだったらお巡りさん同行して合鍵入室することもありますが、漏水系の場合は一応入居者さんの承諾もらうのが礼儀だと思っています。

漏水の場合、考えられるのは「給水系」・「排水系」・「雨漏り」・「水こぼし」です。

この中で、ここ数年多発しているのが給水系の漏水です。

9ae9df89給水系か排水系か見分けるのが「水道メーターのパイロットの回り方」なのですが、ピンホール漏水の初期の頃ってパイロットがほとんど回らない事があるんです。





自分もS君もピンホール漏水にはさんざん鍛えられました。

物件の施工時期で偏りがあるように感じていますが、築年で言うと15年から20年位の銅管を使っている物件が多い感じですが、老朽化というより製造方法とかに問題があるような気もします。

まぁ 施工して1年も経たずに漏水したのだったらメーカーも取り合ってくれるかも知れませんが、10年以上大丈夫だったとか言われちゃうのでしょうね。

IMG_7388で、今回の案件の方は、自分が午後3時半頃にS君と合流。

かなり上達したスネイクカメラで漏水個所を探ります。







カメラの操作は上達しましたが、漏水個所を特定するまでには壁や床に穴を開ける必要があります。

最初の直感で的中すれば良いのですが、その日の運もあるのでしょう・・・


IMG_7424穴を開けること5箇所目でやっと漏水個所が発見できました。

トイレ側から開けましたが、台所用の給湯管が原因です。






この段階で水道設備屋さんに状況を報告しました。

うちの業者さん実に優秀で、分厚いカーポートのコンクリでも削って壊してくれるし、RCマンションでのバイパス配管なんかもやってくれます。


ホント頼りになる業者さんなのです。


が・・・


土日祝日が休みってのが一番痛いところなんです


ですので、昨日は土日祝日に動ける業者さんに管の接続復旧をお願いしました。


IMG_7436状況報告したところ、かなり難しいとの事なので、業者さんの師匠さんも連れて来てくれました。

早速始めたのがトイレの床開口です。






自分がスコープで発見したのは、「給湯管からの漏水」であって、給湯管の「どこから」漏水しているのかまではわかりません。

なぜなら、銅管の周りにはプラスチックの被覆があって、単純に管の継ぎ目から水が垂れているだけの話しなのです。

IMG_7444ここから先がプロの出番なんですねぇ

床を切って、被覆をはがして漏れている個所を特定して行きます。

正直、この作業に入るまでに4時間経過してます。




クマ  「前に、こんな状態だった時に新しい管をバイパスで引き直した事がありましたよ」

師匠  「ふ〜ん これでやってみるから」

クマ  「お風呂場の点検口とか中継してやってました」

師匠  「ふ〜ん」



プライドの高い職人さんに余計なことを言ってはいけません


IMG_7443師匠さんに作業して頂くこと1時間。

見事にピンホールの吹き出し口を見つけて頂きました。

開口した穴から手が届く場所で良かったです。





管のカットと接続も大変だったようで更に1時間ほどかかって終了したのが午後9時を回ってしまいました。

IMG_7461で、ここからが自分とS君の出番です。

丸ノコ使って床を切ったので木くずが大量に散らばった後片付けです。

入居中の部屋ですので養生はしていましたが、結構大変でしたよ




とりあえずは、漏水に関しては工事終了です。

後は、近日中に開けてしまった2階と3階の壁穴と床をクロス屋さんに修復してもらい終了します。

自分の方は大家さんが入っている保険会社と交渉する形になりますが、どうなりますでしょうか。


・・・


さて、話が変わりますが昨日までの血液型アンケートの結果です。

(12月7日午前11時現在)

賃貸管理担当者 A型 45% O型33% B型15% AB型6% です。

大家さん      O型 35% B型31% A型20% AB型12%です。


日本人の血液型はA型が約40%、O型が30%、B型が20%、AB型が10%くらいの割合なのだそうですが、管理担当者は概ねそんな感じですが、大家さんの方は違った結果になりそうな感じです。

明日のブログで結果をまとめようと思っていますので、まだお答え頂いていない方は、こちらのページよりアンケートにご協力をお願い致します。


ではまた



br_banner_tsubame←不動産系の話題豊富なリンク集です。
ぜひご確認下さい。