br_banner_tsubame←クリックすると票が入る仕組みです。
応援クリックお願いします。


冬季休暇初日の28日に発生した漏水の件ですが、いつも休日夜間の受付先となっている緊急連絡センターに対応を任せていました。

普段は、実働部隊である当社管理課と漏水慣れした専門業者さんで、いろんなタイプの漏水を処理していますし、今年は特に変な漏水が多かったので、漏水箇所発見までの作業に関しては結構自信が付いてきています。

ですが、28日は年末&日曜日だったので、全国区で提携先がいると言ってる業界大手の緊急連絡センターに修理完了までお願いしてみました。

案件的には「台所の下部より漏水して、床が濡れている」と言ったものでした。

この緊急連絡センターさん、受付だけでなく、出動まで出来ることを売りにしていますが、あまり機会が無かったので実力の程を知りたい感じでもあります。

28日の午前中に対応を依頼したところ、夜になっても報告が来ないので管理課S君が緊急連絡センターへ確認したところ「水道業者の都合で29日の夕方に現地へ向かいます」との事・・・

S君 「えっ? 現地に行けてないなら報告くらい下さいよ」

センター  「入居者様とは連絡が付いております」

S君  「だいたい漏水なんだからすぐに動ける業者を手配するべきでしょう」

センター  「すみません、29日の夕方が最短なんです」


この内容は、オーナーさんから当社への苦情へと跳ね返ります。

結局、不安を感じた管理課S君は、29日に緊急連絡センターが派遣してきた業者と同行して現地確認をする事にしました。

大手コールセンターの提携業者と言うことで、凄いのが来てくれると期待していましたが、訪問して来たのはテレビCMでお馴染みの業者さんです。

業者  「これは、難しいです」

S君  「は? まずは漏水個所特定するんじゃないんですか?」

業者  「見えない部分での漏水ですよ」

S君  「・・・  ですよね」

業者  「難しいなぁ・・・」

S君  「もういいです、話になりませんから帰って下さい!」



何か排水の詰まり除去とかパッキン交換程度の考えだったのでしょう。

111その後、S君一人で開口作業、漏水箇所を特定して完了したとの報告がきました。

原因は洗面台の給水系漏水で、マンションなので、台所の下辺りに水が溜まっていた状態でした。
1階だったので下階がいなくて良かったです。




こんな感じで管理課S君は実に頼りになります。

・・・


と、今回他人様の実績をブログに書いてしまいましたが29日(月)の自分はと言うと・・・

FullSizeRender (9)三男(小4)のスキーデビューに付き合って丸1日遊んでました

申し訳ないです・・・






子供の運動神経とは凄いもので、30分もしたら滑れるようになっちゃいました。

自分が20代前半でスキーデビューした時と大違いです。

初心者ゲレンデは3回ほどで卒業して中級者コースで滑っていましたが、自分の方が追いつけなくなってしまいましたよ

三男  「パパ、遅いよ」

クマ  「違うよ、右左に曲げる回数が多くないと難しいコースには行けないんだよ」

三男  「じゃぁ今度は上級者コース行ってみようよ」

クマ  「嫌だよ壁みたいなところ下りるんだぞ、初心者が行ったら迷惑なんだよ」

三男  「じゃぁ終わったらスノボやってみようよ」

クマ  「は? スノボなんて履いたこと無いから教えられないよ」

三男  「スキーだって教わらなくてもできたよ」


何か、自分が教えてあげたつもりでしたが、三男は教わらないで滑れたと言い張ります。

結局、中級者コースで勘弁してもらい、送迎バスの時間ギリギリまで滑っていました。

考えて見れば、自転車の補助無し練習ブレイブボードのテクニック等、自分と運動神経が全く違うようです。

今回は、塩原のハンターマウンテンに行ってきましたが、駅から無料送迎バスが出ていて自分の家からだと電車で2時間、1200円で行けちゃいます。

冬休みの思い出にと考えて行って来ましたが、1回じゃ済まなくなっちゃったみたいです。

近いうちにまた行きたいとの事ですが、多分次に行った時には自分が教えられる立場になっている事でしょう・・・

ではまた明日



br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはこちらをクリック!