台風9号の影響ですが、雨漏り系と電源系で想像していた通りの対応が発生しました。

人気ブログランキング
←クリック頂けると嬉しいです。


想像出来るんだったら先に手を打っておけって感じですが、ダメだと思って放置している訳でも無いのが難しいところなのです。

専門業者さんが考え抜いて対処していても、建物の老朽化が進行すれば違う問題個所が出てきてしまう事がありますし、木造も鉄筋コンクリートもメンテナンスが必要ですので、何もしていない物件は時限爆弾を抱えているようなものなのでしょう・・・


DSC_0970基本的に雨漏りの対応では、入居者さんとオーナーさんの間に入る事が仕事であり、建物老朽化の責任は使い方に問題が無ければ借りている側にはありません。




迷惑をかけていることを詫びる姿勢を見せながら、今後どのように対処していくのか説明します。


その説明までたどり着かない程、怒っている入居者さんには、一通り話を聞いて冷静になってもらいます。

ここら辺で、申し訳無さそうな顔をしていると「まぁ あんたに言ってもしょうがないけど」と、ポイントが切り替わるタイミングが来る訳なのですが、そこら辺に感情調整業務の極意があるような気がしています。

正直言って雨漏りトラブルの処理では、「修理テクニック」「保険対応テクニック」だけでなく「感情調整テクニック」を学ぶ事が大きな収穫だと自分は思っています。

そうでも思わないと、投げ出したくなるような業務ですので・・・


と、言うことで今回の台風のような時には全国的に苦労している人が増えている事でしょう。

ほんと自然の力ってすごいですね。

さて、本日は水曜日で定休日ですが、裁判所に行って明け渡し訴訟に立ち会ってきます。

終わったら三男(小6)の夏休みの宿題である自由研究を手伝う予定ですが、何の研究するのかも決まっていないのが痛いところです・・・

ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense