このブログ、前日にあった出来事を書く形で長年続けています。

しかしながら、内容的に書いてはいけないと思う事に関しては、時期をずらして書いたり、そのまま永久に触れなかったりする事があります。


人気ブログランキング
←ぜひクリックして応援をお願いします。



きのうも書けない系の話に関わりを持ちました・・・

書けない事の特徴は

・進行中のトラブル相手に読まれる場合がある

・死んじゃった系

・相手がユスリや言いがかりのプロっぽい場合

・誰だか特定しやすい

・悲劇すぎる系

・記事を見られた場合に理解してもらえなそうな相手


と、言った感じです。

写真で言えば、ボカシを入れる等の配慮がありますが、ブログ文章の場合も似たような感じで、特定されないように言葉でボカしていますが、最低でも記事を見られた場合に苦情や削除依頼が来ない程度に書いているつもりですので、そこら辺が難しい場合は書かない事にしています。

まぁ 何というか、そんな書けない系の物語こそ「価値がある」と思っていますが、誰の人生でも物語がある訳で、特に死んじゃった系の場合は、亡くなった本人より残された関係者にも大きな物語をつくるものです。

何が言いたいかと言うと、良いことも悪いことも本人の感覚と、他人が感じる感覚があって、それぞれに物語があるのに、記録を付けない事によって忘れ去られるのがもったいないと言うことです。

忘れたい思い出だってあるとは思いますが、何というか人生の事例集的に他人の役に立つ場合もあることでしょう。

自分の場合は、多くの事をブログで記録してきましたが、書いた事以外にも処理してきた案件はあるし、プライベートな出来事の大多数はブログ記事にしていない訳です。

生まれてから人生が終わるまでの全記録をレコードする装置を作る事は技術的に可能な感じがしますが、仮にそんな装置を使って記録したとしても、無駄な時間が多すぎて編集しないと物語としては成り立たない事でしょう。

「記録」+「編集」があって、やっと他人に伝わるレベルになるのですが、自分はその基本をブログで学んだと思っています。

言いたいことが上手く書けませんが、そこら辺の部分を近い将来にまとめてお伝えさせて頂きます。


いろいろ経験させてもらえる環境に感謝です。



昨日から太ももの筋肉痛が酷いです。

DSC_0395全力で走ったからかと思っていましたが、よく考えたら日光東照宮に駅から歩いて参拝し、坂を登ったり階段を登ったりして普段と違う筋肉を使った事が原因かと思います。

考えてみたら徳川家康公は400年前の記録がバッチリ残っている代表的な人物ですね。



ではまた明日



br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense