今回は大丈夫だと思ったのに、ダメな人はとことんダメなのでしょうかね・・・

長く続いた戦いも後半を迎えているのですが、再度手間をかけてくれます。

人気ブログランキング
←本日もクリックをお願いしますね。


(登場人物)

A氏   40代男性 戸建の借主、高校生と中学生の子供と3人暮らし

Bさん  70代女性 A氏の連帯保証人で、義理の母

営業N氏 A氏を客付けした事で今回の交渉担当となる。

Aの母  70代、賃貸借契約上は無関係であるが、最近居場所を突き止めた。

(経緯)
かなり以前より滞納グセがあり、何度か連帯保証人のBさんに立て替え払いをしてもらっていたが、Bさんも支払わなくなった為、今年の4月に調停で分割払いを認め、毎月の賃料に15,000円の上乗せ金を支払う約束をした。

5264c3c6が、約束を守ったのは1回だけで、その後音信不通となったので、8月に明け渡し訴訟を行い、先月判決文がA氏に郵送され、「強制執行の前に退去します」とA氏が泣きついてきた。

遅くとも9月中には退去するとの事であったが、引越し費用が無いとの事で、連帯保証人のBさんに協力してもらいA氏の実の母に判決文のコピーを送り、困っているから助けて欲しいと協力を要請。



9月下旬までは、引越し先探しの進捗状況を当社営業のN氏に報告してきていたが、A氏の実母が引越し費用をA氏に送金したところ、再度音信不通となった。

営業N氏 「やばいよ、Aとまた連絡取れなくなった」

クマ 「引越し先見つけたとか言ってたよね?」

N氏 「それで、母親が引越し代をAに振り込んだから引越したのかな?」

クマ 「それって、夜逃げしたってこと?」

N氏 「そんな雰囲気もあったから、夜逃げする時は退去したって一筆書いて鍵を返すようにって言っておいたんだけど」

クマ 「強制執行で費用掛かるより、その方がいいけどねぇ」


N氏 「こないだまでメールは返して来たのに・・・」

クマ 「母親がAに振込んだってのはいくら?」

N氏 「40万円くらい払ったと思う」

クマ 「パチンコで増やそうと思って使っちゃったんじゃないかな」


夜逃げをしたか、母親からもらった引越し費用を使い込んだかのどちらかだと思いますが、本日朝一番で家を確認してきます。

子供2人と犬がいて夜逃げは難しいと思うので後者の可能性が高いような気がしてますが・・・

もしそうだったら、とことんダメな感じですので執行官に登場してもらう事になるでしょう。

ではまた明日 


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense