ff1707aeきのう(28日)の夜の地震、埼玉の自宅は震度4でした。

何とも不気味な揺れ方でしたよ・・・

一晩あけてガスのマイコンセンサー作動による供給停止や、受水槽ポンプのビックリ停止現象が心配です。



人気ブログランキング
←本日もクリックをお願いしますね。


先日、滞納者の保証人と連絡が取れなくなった事をブログに書きました

滞納者の義理の母親で、連帯保証人になった事を強く後悔しているのですが、死ぬまで分割で返すと言う昭和的な義理堅さを持った方だったので、逃げたりはしないと自分は思っていました。

滞納金を全額回収したのですが、残っている部屋の原状回復費用数十万円の回収をするために、いろいろ行動していたのです。

2413b82a汚部屋にされて悲しんでいた大家さんにも、かなり公平に原状回復費用の負担をしてもらった結果の数十万円ですが、無理を承知で滞納者本人と、滞納者の母親にも請求したところ、滞納者本人より3万円の入金がありました。





「毎月、自分が返していくので母親には連絡しないで欲しい」

との事が希望ですので、義理の母親と違い、実の母親には辛い思いをさせたくないようです。

そんな状態でしたが、やっと連帯保証人であるお義母さんと電話連絡がつきました。

クマ 「先日、ご自宅まで訪問して手紙を置いてきましたけど確認頂けました?」

義母 「あの金額を払わないといけないの?」

クマ 「はい、これで完全に終わりですのでお願い致します」

義母 「ホント迷惑だけど、大家さんも迷惑よね」

クマ 「手紙に書いた通り、大家さんも結構妥協した請求になってましたでしょ」

義母 「そうね、あの子が退去しなかったら死ぬまで払うことになると思ったけど、退去して滞納が止まってくれて良かったわよ」

クマ 「あと、◯◯さん(滞納者)3万円入れてきたから、手紙の金額から3万円引いて振込んで下さい」

義母 「そうなの? あの子が払うなんて・・・」

クマ 「来月からは、直接お義母さんに振込んでもらうよう言っておきますよ」

義母 「期待しないようにするけど、返してくれたら嬉しいわ」

今回の案件、お義母さんの立替がなければ「無い人からは取れない」的に解決出来なかったと思います。

電話のあと、振込確認ができて滞納と原状回復費用回収の件は完全に解決です。

ホント立派な考えの持ち主であるお義母さんには心より感謝します。

仕事とは言え高齢の方を相手に辛い思いをさせてしまった事に関しては胸が痛みますので、お義母さんに対して滞納者から毎月返済が有ることを祈ります。

滞納案件は、解決しても後味が悪いものですね。


さて、本日は三男(小6)と2人で栃木県のハンターマウンテンまでスキーに行ってきます。

鬼怒川温泉駅から無料の送迎バスが出ているので電車で行けるのが良い感じです。

ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense