余計な一言を待っている。

待ちきれないから仕掛ける。


人気ブログランキング
←本日もクリックをお願いしますね。


今年に入ってから継続対応している騒音トラブル案件があります。

自分としては当事者間で燃え上がらないよう丁寧に調整をしているつもりですが、苦情を言っている側の入居者(苦情元)は、かなり過敏になっていて、苦情を言われている側の入居者(騒音元)は、普通に生活している意識が強いです。

正直言って建物の限界なので、苦情元が引越すべきだと思っています。

そのように悟ってもらえるように仕向けているのですが、苦情元は「私が出ていく筋合いでは無い」との考えですので、「出てけと言うなら引越代を払え」的な流れに持っていきたいのでしょう。

ココらへん真っ最中なので具体的に書けなくて申し訳ないですが、別にこちらが「出て行って欲しい」と言ったから引越し代を払う筋合いも無いのですが、上下階のトラブルだったのが「管理会社」「大家さん」との争いになるってのも迷惑な話なのです。

で、自分こう言う系のゴタゴタを長年対応してきましたが、忙しい時に電話が掛かってくると早く切りたくなって強めの言い返しをしてしまう事があります。

大体がネチネチしてきたり、お前とか貴様とか言って来た場合なのですが、これがまた最近は実に危険です。

強く言われて怖いとかでは無く、自分が逆ギレ的に強く言い返してしまうのが危険なのです。

何と言うか客観的に見ると相手はお客さんですので、その場面だけを切り取ると、ものすごく横柄な管理会社としてイメージを作ることができるのです。

例えば、YouTubeに「恫喝する管理会社」とか説明文を都合良く書いて公開するなんて考えられます。

相手が挑発していると思ったら「YouTubeで公開されても良い話し方をする」意識を持つことが大切です。

昨日の騒音トラブルの苦情元入居者さん、自分と電話で話し出した最初に「ピっ」と電子音が聞こえましたので、録音されていたと思います。

恐らく管理会社から「そんなに嫌なら引越して下さい」と言われたり、挑発して失言するのを録音したかったのでしょう。

挑発にも乗らず淡々と20分ほど話をしましたが、この仕事ワナを仕掛けてくる相手にも気をつけないといけませんね。



IMG_1990いろいろストレスが溜まりますが、2月に入ってから復活させたランニング、初日は2kmで膝が痛くなりウォーキングに変更しましたが、昨晩は7km地点まで走ることができました。

残り3kmは歩きましたが、去年の秋までは10km普通に走れたので、何とか同じレベルまで戻すのが今月の目標です。

3ヶ月近く走るのを止めていたのですが、体力が落ちるのって早いのですね・・・

継続している事を止めてしまう勿体無さを身をもって感じていますよ。




ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense