台風5号が西日本からゆっくりと北東へ移動しました。

毎回の事ですが台風の日は、雨漏りが直ったのか直ってないのかわからない物件の試験日みたいなものです。



人気ブログランキング
←本日もぜひクリックをお願いしますね。


雨漏り以外にも、風が強いと物件に付けているプレートが落下したり雨樋が破損して滝の様に水が垂れたりと何かしら起こるものです。


ここ最近の自然の力は土砂崩れや堤防を決壊させたりと、ハンパでなく強力なので、雨漏り程度は大した事無いのかも知れませんが、管理している側からすると大したことあるのです・・・


BlogPaintそう言えばここ数年、台風のシーズンに建物の解体をしてきましたが、強風で壊した部材が飛んで行ったとか聞いたことがありません。

解体のプロに任せている安心感から気にしていませんでしたが、壊し方のルールとか風で飛ばないようにするテクニックがあるのでしょうね。




「予防するテクニック」と問題が起きてからの「対処テクニック」

そこら辺が管理会社として求められているテクニックなのでしょう。



今朝の段階では自分の携帯に雨漏り報告が無いので、ちょっと安心なのですが自分の抱えている雨漏り案件は、いつになったら「直ったと宣言」できるのでしょうか・・・

一応、1月に最後の施工をして以来、漏れが発生していません。

7ヶ月間で何度か大雨が降って、問題が無かったのですが、この物件は「大雨」+「北からの強風」で漏れると思われるので今年来る全ての台風をクリア出来たら完治したと宣言したいと思います。

まぁ物理的だけでない対応として普通賃貸借契約を定期借家契約に変更させて頂きましたが、期間中の責任は免れませんので・・・

そんな感じでドキドキが続きますが、そうこうしている内に新たな雨漏り物件が発生するってのが宿命なのでしょうね

・・・

考えると暗くなって来ますが、考えておかないといけない立場ですので辛抱です。


ではまた明日



br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense