ここ数年、使わなくなった住宅を処分したいとの相談が増えてきました。

大体が、昭和40年代に建築された木造住宅です。


人気ブログランキング
←本日もクリックをお願いしますね。


親御さんが施設に入ってからずっと空家だったり、不便な場所なので、ご自分は便利な都会のマンションに引越して貸家として運用していたけど、入居者の退去を切っ掛けに処分したくなったりが相談の理由である事が多いです。

建物を壊して土地として売却する事がほとんどなのですが、中には残置物満載で、案内も出来ないような物件の相談もあったりします。

解体費用どころか残置物を撤去する費用も「売れたお金から出したい」なんて言われる事も多く、売却を受託しても決まるまで時間が掛かり、結局は大幅な指値に妥協して処分する事になったりします。

人気のある街での古家であれば、リフォームして貸家とする選択肢もあるのですが、そう言う物件であれば古家ありの現況売買でも売れる事でしょう。


で、昨日は茨城県の内陸部にある戸建ての現地確認へ行ってきました。

都内からだと2時間かかるJRの駅から、徒歩9分、それなりの街中にある感じで寂しいところではありません。


旗竿状の土地で、道路状の部分が東西に長く接道間口が2.5mで奥行き約16mで約14坪、奥にある本宅が約55坪と、合計70坪くらいあります。

これが、都会の土地だったら全く問題無いと思いますが、自分の地元の埼玉県北東部でも、それなりのディスカウントをすれば売却できることでしょう。

一番最初に話を受けた際には、そのエリアの状況がわからなかったので、坪10万円の700万円で活動したのですが、周辺の業者さんからは、「そんな金額あり得ません」と笑われてしまいました。

レインズの成約事例が極端に少なかったので、地元業者さんに確認して見えて来たのですが、相当冷え込んでいるエリアでした。

建物は昭和48年の木造で天井が落ちている状態なので「建物解体・除草」を提案しましたが、「お金掛けたく無い」と断られてしまい、大幅な売値ダウンしか無いですと伝えたところで、活動が中断していました。

そんな、状態でしたが数日前に売主さんが来店されて「今度は400万円で現況売りしてみてください」との依頼があり活動再開となったのです。


DSC_2198売主さんからは、お盆休みに木を切ってきたと聞いたので、前回見たジャングル状態は改善されていると期待して現地へ行ってみました。





が・・・


IMG_5879確かに木を切ったようですが、草が伸び放題で以前よりもジャングルでした


せっかく片道1時間半かけて現地へ来たので、隣接地の方へセールスしてこようと思い、お隣の家へ訪問してみました。



クマ 「突然すみません、裏の◯◯さんの土地の件で去年の1月にご挨拶した不動産会社です」

ご主人 「ああ、しばらくですね」

クマ 「ちょっと、中断してたんですけど、今回大幅に値引きして販売する事になったので、一番最初にお伝えしようと思いまして」

ご主人 「そうでしたか、申し訳ありませんが欲しくないです」

クマ 「今度は、400万円になったんですよ」

ご主人 「高いですよ、建物解体で100万円かけたら500万円じゃないですか」

クマ 「そうですか・・・ では残念ですが他の方に話をしてきますけど、ちなみにいくらだったら妥当なんでしょうかね?」

ご主人 「ココらへん、空家ばっかり増えてるからボロ家付きじゃ100万円だって売れないですよ」

クマ 「建物壊してキレイに整地して100万円て事ですか?」

ご主人 「うちは買わないけど、それでも売れないかも知れませんね」


何とも、厳しいことを言う方だと思い、次の隣接している家を訪問する事にしました。

事前に営業の新人君との打ち合わせで、一番買いそうなお宅に「絶対買わない」と言われてしまったので、二番目の候補に期待です。

地図で見ると、二番目の候補のお宅は2mの通路しかなく駐車場が無い状態のはずなので、隣接地を欲しがると思います。


が・・・


IMG_5885どうやら、何年も空家のようで人が住んでいる様子はありませんでした

雰囲的に年配の方が住んでいて、空家となり、次の世代の方が処分に困っているような感じです。




クマ 「う〜ん 所有者に手紙出すか?」

新人君 「いやぁ この家を売ってくれって頼まれるんじゃないですか」

クマ 「だよなぁ・・・ 抱き合わせで売ると売りやすいかな?」

新人君 「いや、こんな遠隔地で苦労するのは時間のムダですよ」

クマ 「じゃあ 裏のカーディーラーに持ちかけてみよう」


この物件、東側に大きな自動車販売店があって、駐車場の一部が隣接しています。

物件を購入することで、現在カーディラーの入り口に面する通りと別の通りに通り抜ける事が可能となるので従業員駐車場として使うとか提案してみようと思います。



が・・・



BlogPaintお店が空っぽになっていました

雰囲気的には撤退した感じに見えます。

なんだか最初に飛び込んだご主人さんの話が大げさで無いことがわかってきました。



隣接している区画は、残り2件なのですが、1件は閉まっているような工場、もう1件はアパートです。

とりあえず、カーディーラーの地主さんを含めた3件当たってみますがダメだったら、決まるまでレインズに出しっぱなしの物件になるかも知れません。

現在の金額で反響が無く、条件変更があったら詳細をブログで報告しますね。

ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense