「売買物件をお探しのお客様が来店されてます」

と、自分宛に内線で呼び出しがありました。

営業スタッフ全員が接客と案内中との事で、久しぶりのエンドユーザーさん接客です。


人気ブログランキング←なかなか厳しいものですね。



ご来店されたお客様は、これからご結婚される予定のカップルさんで、「家賃を払うならローン組んで中古物件を買った方が良いと思うのですが」との事を自分に質問してきました。

いろいろ具体的に聞いてみると、探しているエリアには地縁が無く、漠然とお互いの勤務先の中間点の駅周辺との事で探し始めたそうです。

彼氏 「7万円の家賃払うとしたら住宅ローンだといくら借りられますかね?」

クマ 「35年ローンで1%の金利だったら2400万円くらい借りられる事になりますので、この近所だったら中古の戸建ても買えますね」

彼氏 「じゃぁ 買った方がいいですよね?」

クマ 「このエリアに住み続けるなら買った方が良いですね。 けど、転勤になった場合は人に貸すか売るか空き家にするか考える事になったりします」

彼氏 「そんな簡単に決められないいなぁ・・・  とりあえず賃貸に住んで環境とか知ってから買った方が後悔しないんでしょうね」

クマ 「そうですね、軽く決める人もいますけど、こちらもお客さんが納得している物件を売りたいものですよ」


購入が良いのか賃貸が良いのかとの定番の質問があるものですが、お二人に判断頂かないと答えは出ません。

その判断材料を用意するのが不動産業者の役割だと思います。

彼女 「賃貸の物件を見せてもらえますか?」

クマ 「大丈夫ですよ、今日はお客さんが多くて営業担当が出てますので私が案内しますね」


と、言うことで3DKの賃貸物件を3件ほど案内してきました。

物件に到着して気が付きましたが自分の車、案内用のスリッパを積んでいませんでした

うちの会社、賃貸物件の場合は部屋にスリッパを置かず、営業担当がスリッパの入ったカバンを用意して現地案内します。



2719cfb0中古売買の空き家などは、玄関にスリッパを並べているので、そんな感覚になっちゃいました。









IMG_6103案内した3件は、クリーニングして時間が経っていない状態だったので、靴下で入ってもらえましたが、今度から車の中に案内用のスリッパを積んで置くようにします・・・

結局、売買にするか賃貸にするかじっくり検討してみるとの事になったので、お申込には至りませんでしたが、なんとなく売買のお客さんとして戻って来て頂けるような気がします。





さて、本日は8月下旬に現地確認した片道1時間半かかる物件まで行ってきます。

売主さんの希望が「お金かけずに完全現況で売って欲しい」とのことなので、可能性のある隣地所有者全員にセールスしたのですが、誰からも買いたいと言われなかったので、レインズに載せようと思います。

が、この土地、古家が残置されているので、「家の中が見たい」と言われる事があると思います。

90671196ジャングル状態なので古家に近づくのも大変なのですが、何とか建物にたどり着けるようにして現地に鍵BOX付けてスリッパ置いて来ようと思います。

ただ、天井が落ちている部分があると売り主さんに言われているので、確認して酷すぎたらスリッパ置くどころじゃ無いですね・・・





ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense