BlogPaintきのうは約15年住んで頂いた一戸建貸家の解約立会をしてきました。

築40年ですが、地主系大家さんの身内の方が居住するために建てられた物件で、この地域の平均的面積の2区画分を使った100坪超えの敷地面積です。




人気ブログランキング
←本日も応援のクリックをお願いしますね。



IMG_6757建物の方も、和室が中心ですが、しっかりとした作りで、いろいろ凝った作りになっています。

入居者さんは、ご家族と親御さんの2世帯同居だったのですが、ホント丁寧に使って頂き、過失的な破損は全く見当たりませんでした。






BlogPaintいろいろ話を聞くと、この物件を借りた当時は、お子様が中学生で、家の目の前にある中学校の正門まで徒歩10秒で通っていたそうで、環境抜群。

家は古くてもしっかりした造りなので、何も問題無かったと言って下さいました。






IMG_6760 1今となっては、古い設備なのですが、当時、いろいろ考え抜かれて、注文建築で大工さんに頼んでしっかりと作られた物件は長持ちするものだと感心しましたよ。







入居者さん側の使い方も良く、タバコも吸わずお子さんが暴れる事も無く「借り物」と言う意識で丁寧に使ってくれての15年。

ほんと感謝です。


が、賃貸借契約書上の特約には

・ハウスクリーニング費用  106,920円
・畳表替え費用 18枚    97,200円


を借主が負担すると、書いてあります。

管理会社的には、原則は賃貸借契約書に書いてある事を基準に精算するのですが、大家さんは取り壊しを今後の選択肢として考えているとの噂を別のスタッフから聞いていました。

「取壊しするのやめて再度貸すことにしたよ」なんて大家さんに言われてしまう事もあるので、解約立会時の入居者さんには「どちらに転んでも良いような話し方」をして大家さん宅に交渉に行ってきました。

クマ 「中学校前の貸家の◯◯さん、立会終わりましたよ」

大家 「そうかい、もう古いから貸すのやめて壊そうと思ってるんだよ」

クマ 「そう聞いたので、確認に来たんですよ」

大家 「壊したあとは、売っちゃおうと思ってるんだ」

クマ 「その件、ぜひお手伝いさせて下さい。 あと、◯◯さん(退去者)の敷金は丸返しでよろしいですか?」

大家 「そうだね、15年も家賃払ってくれて感謝してるよ、丸返しで進めて下さい」

クマ 「良かったです、◯◯さんには敷金の範囲内で原状回復するって言っておいたので喜ぶと思います」

大家 「そうか、じゃぁ早いところ返してあげてよ、なんなら今払っちゃうよ」

クマ 「いや、精算書送るので振込で結構ですよ」


実に、良い感じの解約立ち会いとなりました




さて、本日2日は滞納者A氏が明け渡しをするとA氏側が予告している日です。

多分、昨日の解約とは極端に対照的な立会となる予感がしていますが、一番最悪は「引越しするとの話が嘘だった」 二番目は「残置物満載で逃げられた」 三番目は「室内が荒れ放題」と、言う感じで、ろくな想像ができない状態です。

「実は丁寧に使ってくれていた」と言う事には絶対にならないことでしょう。


どうなりますかね・・・


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense