きのうは、土地売却の件で2点ほど変な感じの事があるのを発見した報告で売主となる地主さん(70代)宅を訪問してきました。



人気ブログランキング
←クリックで票が入る仕組みです。本日もクリックをお願いしますね。




f8ea9cab今の時期、昼間に行くと納屋の地面を使っての打ち合わせとなります。

この時期、一斗缶の焚き火が登場して納屋でも寒く無いようにしてくれるのですが、何かキャンプを思い出します・・・





クマ 「北側の道路らしい市の所有地は、道路じゃないかも知れないんですよ」

地主 「そうなんだ、遠い昔に隣地の地主が道路作らされて市に取られたようなこと言ってたけど変だね」

クマ 「自分も変だと思ったので、職員さんに調べるようにお願いしてありますから」

地主 「そっか、道路で無かったら土地の価値が落ちるよね」


6無題クマ 「落ちますけど、その前にこの赤く線を引いた筆の話はご存知ですか?」

地主 「セットバック用地?」

クマ 「これ、市の所有地との間に◯◯さん(他人)の土地が2平米だけ存在してるんですよ」


地主 「◯◯? ここら辺の地主一族の名前だな」

クマ 「もう40年以上前の登記だから世代交代してると思いますけど、多分5cmくらいの幅ですから訳ありなんじゃ無いかと思ったんです」


地主 「坪10万ちょっとの地域で2平米分なんて買い取ればいいんだよ」

クマ 「普通に売ってくれる方なら良いんですけどね」

地主 「まぁ 多少足元見られたって良いから市の結論が出たら交渉してきてよ」

クマ 「わかりました、あとは地目が墓地になってる袋地があるんですけど知ってました?」


地主 「知ってるよ、大昔に墓地だった土地で今は親戚が買い取って作業場作ったんだよ」

クマ 「この土地、所有権に関する事項が登記に載って無い土地で誰が所有者か不明になってましたから」

地主 「未登記の建物ってのは聞いたことあるけど住宅地の土地で未登記ってあるの?」

クマ 「表題部だけあって、所有権に関する甲区が無いだけなので、全く登記が無いって訳じゃ無いんですけど、ご親戚が買った土地なら気にしなくていいです」



しばらく登記の話で盛り上がったのですが、そう言えば少し前に同じような話があって、土地が登記される仕組みを法務局まで聞きに行った経験があります。

結局、道路の関係がハッキリしてから売却額を決めて自分が隣地地主さんに2平米の買い取り交渉をして、その後にご親戚に購入を打診する予定となりましたよ。



で、会社に戻ったところ実に面倒な仕事が待っていました

うちの会社は1階が賃貸営業窓口のお店で、2階が自分のいる管理課です。

IMG_7853事務処理が多い仕事なのですが、カラーのレーザープリンタの他に更新契約書や請求書を複写用紙に打ち出すドットプリンターがあるのですが、突然印字できなくなったそうです。

こう言う事が起きると必ず自分が修理を担当する仕組みなのです・・・







59eadf96このプリンター見た目は古い感じですが、2年前に購入してLANで経由でデータを送れるように部品を取り付けてあるので一応ネットワークプリンタです。




今回、いろいろ試してみましたがプリンタ自体に電源は入っているのにデータを送れないのでLANポートの絡みで壊れたのかと思って再設定してみたのですが、不思議な事に管理課の新人君のPCからだけデータを受付ける事が判明しました。

そうなるとポートは故障していない?


いろいろ試しまくって時間だけが過ぎて行った感じですが、良く考えたらプリンタにUSBケーブルを直結すれば良いのでは無いかと思い、社内に転がってたUSBケーブルで試しましたが全然ダメ・・・


今時のPCと相性が悪いのでしょうか?

IMG_7855こうなると昔ながらの大きな接続口のプリンタケーブルを用意してPCに直結してみたくなりますが、昔ながらのケーブルって今時のノートPCには直接付けられないと思いますので、本日電気屋さんに行って相談して来ようと思います。





何とも、昔から雑用係をしていましたが、この分野の後輩を育てる事を忘れていた事に気が付きましたよ・・・


ではまた明日



br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense