「パイプスペースから水が吹き出して大騒ぎになってます」

と、分譲マンションの1室を賃借した入居者さんから電話がありました。



人気ブログランキング
←本日も応援のクリックをよろしくお願い致します!



管理課K2 「給湯器からの水漏れですか?」

入居者 「管理人さんから言われて気がついたんですけど、下の階とか隣の部屋にも水が漏れてるらしいです」

管理課K2 「今も漏ってるのですか?」

入居者 「水道の栓を閉めてくれたので止まりましたけど、水が出ないので困ってます」



この物件、大型のファミリータイプ分譲マンションで、大手の管理会社が管理しているのですが、所有者が賃貸に出して当社が部屋の賃貸管理をしています。

分譲タイプマンション(区分所有建物)の場合に問題になるのが、共用部分専有部分の責任管轄です。

特に配管関係については共用部分の扱いになる部分と、共用部分に見えるのに区分所有者の管轄になるような取り決めがあったりするので、簡単には判断できないものです。

ですが、他の住戸に被害が及んでいる状態ですので、物的トラブルから人的トラブルに進まないような対処が必要となります。

すぐにガス会社と管理課の新人君を現場に向かわせた上で、マンションの管理人さんに事情を聞いてみました。

管理人 「これがですね、給湯器につながるパイプ付近かと思うのですが、例えば賃借人さんに給湯器の交換を勧めていたのに交換しなかったとかですかね?」

管理課K2 「えっ? 今回の入居者さん12月1日からの契約で入居したばかりですし、給湯器は大家さん(区分所有者)の管轄ですから」

管理人 「賃借人に過失が無いとすると所有者さんの過失になると思います」

管理課K2 「隣の部屋とか下の階にも被害が及んでいるって事は共用部分の問題という事はありませんか?」

管理人 「私が見た限りは給湯器の問題ですので、ガス屋さんが到着したらわかると思いますよ」



管理人さんが言いたかったのは、民法の工作物責任の話かと思います。
まずは「部屋を使っている占有者(賃借人)に落ち度が無いか、落ち度が無ければ所有者の責任である」と、言った基本を主張されたのでしょう。

もっともな話しなのですが、自分が不思議に思ったのは、給湯器からの水漏れで隣の部屋に被害があったと言う事です。

パイプスペースから下の階に漏水した経験は結構あるのですが、横の部屋が濡れているなんてのは給湯器だけの問題では無いような予感がしていました。

もし、所有者が手出しできない部分からの漏水であれば管理組合で入っている保険が使えるのではないか?

ガス会社さんに調べてもらって、露出している部分からの漏水で無かった場合は、大家さんに責任がいかない方向での主張をしようと思っていたところで、新人君から現地隣室の写真が送られてきました。



unnamed下の階に関しては、共用エントランスの照明器具から水が垂れている状態ですが、隣室は共用廊下に面した洋室のカーペットに思いっきり水がしみ込んでいました。

クマ 「結構酷いね、これって給湯器のパンク程度じゃならないと思うけど配管のどこらへんが濡れてる?」







DSCF2888新人君 「見た感じ全体が濡れちゃって良くわかりませんね」

クマ 「ガス屋さん来るまでいじらないようにして、来たら現場検証の様子をじっくり確認してみて」







その後、ガス屋さんが到着して給湯器の調査が始まりました。



ガス屋 「開栓試験した時は異常無かったんですよ」

新人君 「そうですか、12月1日入居だから2週間くらい使ってる感じですね」


入居者 「私、12月1日じゃなくて昨日引越してきたばかりで初めてお湯を使ったんですよ」


新人君 「えっ  ガス屋さん通水試験きちんとしました?」

ガス屋 「いや、必ずやってるはずですけど・・・  ただ自分が対応してないので会社に帰ってから担当に確認します」



DSCF2887その後、給湯器の水栓を外したガス屋さんが何かを見つけた事を新人君が見逃しませんでした。

新人君 「なんですそれ?」

ガス屋 「これが原因かも知れません・・・」







どうやら、劣化したゴムの切れ端のようなものが挟まっていたようです。


その場では確答してくれませんでしたが、ガス屋さんの社内で協議した結果、隣室や下階の損害に関してもガス屋さんで対応して頂ける事になりました。


責任のなすり合いではありませんが、今回は入居した直後の給湯栓の不具合だったので、オーナーさん的には助かりました。


漏水系にはいろいろな案件がありますが、珍しい形の解決となりましたよ。


さて、本日は年末の挨拶でオーナーさん周りをしてくる予定です。

一件あたりの滞在時間が長いので効率が悪いのですが、いつものことなので・・・

ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense