東日本大震災から本日で7年となりました。

ご遺族の方、未だに避難生活をされている皆様へお悔やみとお見舞い申し上げます。





人気ブログランキング
←いつもありがとうございます。本日もクリックで応援よろしくお願い致します。


毎年、3月11日には地震に関する記事を書いていますが、いつ起こるかわからないのが自然災害の怖さですので、そう言う事が起きるものだと考えておくことが必要だと思います。

また、年数の経過で忘れて行く事もあるでしょうから思い出す事にも意味があるのでしょう。

自分、東日本大震災のあった7年前の今日は会社で仕事していました。

建物の揺れが激しかったので普通でないと思い揺れが収まってから外に飛び出した事を覚えています。

外に出た直後に余震があったのか本震の揺れが残っていたのか停車中のマイクロバスが左右に揺れまくってたのを驚きながら見ていましたが、そういう時って動揺して写真も撮れなくなるものですが頭の中にはっきり記憶されています。


03607d87埼玉県久喜市は震度5強とのことでしたが、隣の町は震度6だったので市内でも地盤や断層の関係でもっと大きな揺れだった場所があったと思います。 

瓦が落ちたり地割れが発生したりと物件によってかなり被害状況に差がありましたが、木造・鉄骨・RC造、ほとんどの物件で室内のクロスに切れ目が入った感じでした。




「クロスの切れ目が気になるので直して欲しい」と言ってくる入居者さんもいましたが、「どこのお宅もそうなっているし余震が多いのでご勘弁下さい」と伝えると皆さん納得してくれました。




16ca78ebまぁ 地震の直後は地中で配水管が外れたとかエアコンの吊り下げ式室外機が落ちたとか深刻な案件が多かったので、クロスの切れ目何てのは小さな話だと感じてました。

多分、退去時にクロスを原状回復しろと言われるかと思った入居者さんが心配して連絡してきたのかと思いますが、そんな事言う訳がありませんので。







b79475dd震災の後からうちの近所である茨城県南西部での地震が増えた気がしますが何となく管理物件エリアで多発しているピンホール漏水も震災の影響のような気がしてます

まぁ 何を言っても自然災害からは逃れられないのでしょうから心の準備だけでなく物理的な準備もしなければなりません。








6952df69電池式のランタンや避難用品、水や食料の備蓄が必要かと思いますが、まずは地震保険に入る事をお勧めします。

地震保険はどんどん値上がりしていますが地震が来る可能性が高くなっているから値上がりしている訳なのでしょう・・・






災害なんて起きないことを望みますが、止めることが出来ないのだから備えるしか無いって事ですね。


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense