「水が出ないです」

と、某自主管理マンションの入居者さんから営業時間終了間際に電話が掛かってきました。

物件担当だった営業課N君が話を聞いてみるとマンション全体が断水しているそうで、受水槽のある物件なのでポンプ故障かと思われます。


人気ブログランキング
←クリック頂けると1票入る仕組みなのでお願いします!


N君 「申し訳ないですけど、当社とは去年の段階でご縁が切れていまして大家さんにお願いして頂くしかありません」

入居者 「そうなんですか? 他の部屋でも出ないって言ってるから断水状態で困ってるんですよ」



申し訳ないことですが、仕組み的に入居者さんから直接大家さんに電話して頂くよう説明して数分後。

入居者 「なんか、自分たちで直して下さいって大家の奥さんに言われたんですけど」

N君 「え〜 直せませんよね・・・ 」

世帯の多いファミリー物件なので大騒ぎになっていると思われます。

詳細は書きませんが事情があって関りが無くなった物件なのですが、担当であったN君は客付けして知り合いになった入居者さんも何世帯かいる状態です。

いろいろ迷った末に、ポンプのリセットまでなら対処して、それ以上の事が必要であれば現地からオーナーさんに報告して修理発注先を伝えてご自分で対処してもらう事にしました。

結構緊迫した状況であった様子ですが、営業課N君は経験豊富な管理課には頼まず自分一人で出動しました。

5月から営業課のフロアにいる自分は電話対応を聞いていましたが、N君は元担当として入居者さんが困っているからとの理由で行動したのでしょう。

ここら辺、管理課スタッフとして対応する場合は、まずは全スタッフと夜間受付のコールセンターにメールします。

「断水状態にあるけど管理外の物件なのでオーナーに連絡して下さい」

と、連絡してきた入居者に伝えておかないとスタッフが慌てて対応する事になります。

そこら辺の仕組みを言いたかったのですが、真っ青な顔で現地へ飛び出して行ったので代わりに各スタッフへ連絡しておきました。

bbcf5bcb現地では、入居者さん数名が受水槽の前に集まっていたそうですが、結果としては給水バルブが回されて閉栓されている状態でした。

恐らく何者かが閉栓したものと思いますが、栓を開けて給水再開。
10tタンクが減水停止のレベルまで水位低下したので復旧には時間が掛かったと思われますが、N君は現地で事情を話して乗り切ったそうです。



その後、オーナーさんに報告したところ、対応に感謝してくれたのですが、いろいろ事情があるようで今後が心配です。

ちょっと書きにくいのでボカシますが、規模が大きな物件はメンテナンスや修理にお金が掛けられない状態になると実に悪循環で費用が掛かるようになります。

そういう時に雨漏りや想定外の不具合なんかもプラスされるのが怖いところですが、オーナさん以外に費用を出してくれる人はいません。

問題の再発が無い事を祈りますが、何もしないで改善する事は無いですので・・・

いろいろありますね


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense