全然知らない

と、言われてしまう事がたまにあるものですが、昨日は売却予定の土地に関して言われてしまいました。

まぁ 地主さんとかでたくさんの土地を持っていると良くある話なので驚きませんけど土地の過去の利用状況や境界について等々詳しくわからない感じです。


人気ブログランキング
←クリック頂けると1票入る仕組みなのでお願いします!


今回の依頼は、数十年前にお父様からお兄様が相続をして、お兄様が2年前に亡くなった事で相続をした土地を売却して欲しいとの事です。

依頼者の方(70代ご夫婦)は離れた場所に住んでいて、全くノータッチの状態が続いていましたが、売れるものは売っておきたいとの話しとなったのでした。

周辺の売出事例や成約事例を調べて査定して売出金額を決めましたが、なんでも鑑定団の値段発表よりもトキメかない感じで反応が良くありませんせん。

クマ 「周辺の成約事例での相場より少し高めに売出して様子見するのが良いと思います」

売主 「何か安いんだか高いんだかピンと来ないけど高く売って下さいよ」

クマ 「お気持ちはわかりますが、売る気があっても買う気がある人がいないと売れないんですよ」

売主 「まぁ 確かにこの土地じゃ無くても売ってるからねぇ」

クマ 「自分も高く売れたら良いと思ってますけど、高すぎると反響も来ないですから」


売主 「でも安く売るのは勘弁してよね」

クマ 「別に私が安く売っちゃう訳じゃなくて、買主さんが金額交渉してきたら〇〇さん(売主)にご判断して頂きますから」


ちょっと話が噛み合わない感じがしましたが、相場よりもかなり高めに出して、どんな反響があるのか様子見して頂いた方が良いのかと思います。

IMG_1272現地の方は、きちんと区画割されているはずなのですが、かなり土が盛られている状態でした。

近いうちにスコップ持って行って穴掘りして境界確認しようと思います。








0708jpgさて、昨日は管理課S君より修理の報告書が送られてきました。

某マンションのトイレタンクから便器内へ水チョロが発生との苦情を対処してきた報告です。

が・・・




よく見たら先日自分がレアものだと思ってブログネタにしたフロート弁がバッチリ載っていました


クマ 「報告書見たんだけど、あのフロート弁使ってるトイレタンクうちの管理物件でもあるんだ?」

S君 「そうですねぇ、マンション系の3物件だけですけどありますよ」

クマ 「え〜 何かレアものだと思ってブログに書いちゃったけど珍しくも無いんだ?」

S君 「いや、強引にフロート弁部分だけを交換するのは新しいやり方です


クマ 「・・・ あの部品うちの在庫であるの?」

BlogPaintS君 「ありますよ、このフロートカップです」

何か、現場最前線で活躍しているS君にしてみれば珍しくも無い話しだったらしいです。






自分は最近修理の現場から遠ざかっていたので、疎くなっていました。

管理課S君に物的トラブル対処方法をまとめてもらってセミナーデビューしてもらおうかと本気で思ってきましたよ。


さて、本日は午前中にハローワークへ行って求人の届け出をしてきます。

そして夜はジムに行けず飲み会参加です・・・

ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense