昨日は、見積もりミスで延期となった、私設水道メーター交換工事の日だったので、朝一番で現場へ行き、水道業者さんに挨拶して来ました。


人気ブログランキングクリック頂けると1票入る仕組みなのでお願いします!




IMG_1292クマ 「おはようございます 3人で作業なんですね」

業者 「実はですねぇ 大元のメーターに止水栓が無いんで道路のそばにある水道管からの止水栓探したんですけど土が詰まりすぎてて栓が閉められないんですよ」

クマ 「え・・・ そうですか 何とかして頂くしか無いです」

業者 「ですよねぇ これで再度工事延期ってマズイですし、どうしましょう・・・」

クマ 「どうしましょうって言われても・・・ 何か代替の案とか無いんですか?」

業者 「大元のメーター直前に止水栓付けるって案があるんですけど費用が上乗せになってしまいまして・・・」

クマ 「こうなったら多少の事はやむを得ないですけど、何だか後出しが多いってのは痛いですよ」

業者 「あっ でもそのやり方は止水ができないんだから無理だ」

クマ 「・・・ 大元のメーターだけは水道局が何年かに1度交換してるんだから止水できている訳ですよね?」

業者 「8年に1度やってるはずだから、やっぱり道路側の土を掘り出すしかないですかね?」

クマ 「・・・ 暑いなか申し訳ないけど掘りだし頑張って頂くしかないです」

と、言って自分は売買決済の予定があったので現場を離れ、午後3時頃に冷たい飲み物を持って再度現場に戻ってみると。


IMG_1300見事に工事が終わって誰もいませんでした。

多分、道路の水道管から分岐直後に設置してある地中に埋まった止水栓を閉めたのかと思いますが、稼働中のビルなので神経使いますが、工事業者さんも大変な感じだったのでしょう。







IMG_1302これで、今後は2ヶ月に1度の水道料精算作業が必要無くなるので、管理する側も助かるし物件としての価値も上がった事でしょう。

うちの管理している物件では私設メーターは珍しい感じなのですが、自分自身は10年くらい前に大きなトラブルを経験した事があります。






当時、あまりにも怒られたので、ブログに書けなかったのですが、某テナントビルの私設水道メーターでの水道料金精算で、水を大量に使う飲食店よりも事務所的な利用しかしていないテナントさんの水道料の方が高くなってしまい大激怒された感じです。

水道局のメーターと違って新築時から数十年間1度も交換していなかったのですが、経費を切り詰めてビジネスしているテナントさんでしたので・・・

結局、当時のオーナーさんに、数年分相当のお金を払って解決して頂いたのですが、水道料が少なかった飲食店には不足金の精算を拒まれてしまい、ホント大変な思いをしたものです。

今回のビル所有者さんにも過去の自分の経験を話して交換作業をしてもらった感じですので、当時の辛い経験が反面教師の事例として役に立ったと言うことでしょう。

ホントいろいろある仕事ですね。


さて、本日は水曜日で定休日です。

風呂の掃除当番を終わらせたら自分の机と押し入れの中の不要物を断捨離します。

連日、ジムに通って腕が筋肉痛なのですが、暑い中大掃除すると部屋も片付いて運動にもなるので一石二鳥な感じになる事でしょう。

ではまた明日

br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense