昨日は、アパートの売買契約がありました。

売主さんは仕事もプライベートも忙しいお医者さんなのですが、契約締結時間の1時間前に売主さん宅を訪問して事前に署名捺印頂いたり今後の流れを説明してきました。


人気ブログランキング
←クリック頂けると1票入る仕組みなのでお願いします!


IMG_1328 1なんか、ネコちゃんがテーブルの上を占拠していて契約書類に署名捺印させてくれないような雰囲気でしたが、遊んで欲しかったのでしょう・・・





今回のアパート売却は、2年前から手掛けている、売主さん(70代)の終活の一環です。

長年開業医として働いてきて、副業としてアパートや戸建貸家を所有。

お子様達も開業医として独立しているので、「これからは収益とか考えずご夫婦で人生を楽しむ」と言うお話からアパート1棟と戸建2棟を売却させて頂き、昨日4棟目の売却となりました。

買主さんも売主さんと同じくらいの年代なのですが、こちらはすごい勢いで収益物件を増やしている会社社長の個人購入です。

売る人と買う人、どちらもお客様なのでどちらの判断が良いとか羨ましいとか言いませんが、不動産の仕事は売る人買う人、貸す人借りる人がいて成り立つものなので感謝することが正しいのでしょう。

クマ 「決済日は当初の取り決め通り7月31日という事で」

売主 「いや実はその日仕事なんで変えられないですかね?」

クマ 「え・・・ 3時間くらい抜け出すとか休んじゃうとかできません?」

買主 「先生くらいになると別の先生に任せるとかできますでしょ?」

売主 「来月からそうする事になって、最後の出勤日なんですよ」


話を聞いたら、7月31日を退職日として人生の一区切りの日に決めたとの事でした。

何十年も地域密着で働いてきた最後の日ですので親しい患者さんもいるでしょうし感慨深いものがあるのでしょう。

日程を前倒しして30日決済で調整しました。

買主 「そうでしたか、特別な日だったんですね」

売主 「法人組織だから自分がいなくても院長(息子さん)がやってるので問題が無いんだけど、多分自分がいる方が問題なんだと思う」

まだまだ現役で働けるのかと思いますが、次の世代の為にも身を引く方が良いとの事を考えているそうです。

来月から夫婦仲良く次のステージを楽しむのでしょうね。


さて、本日は午前中に売却査定の依頼があった戸建ての現地調査へ行ってきます。

先日まで貸家として運用していたのですが、退去を機会に売りに出すことも選択肢として考えたいそうです。

築25年なので不具合個所やリフォームがどれだけ必要になるかが土地値が安い地域ではすごく重要です。

暑くなる前に行ってきます。


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense