「パソコンが壊れちゃった」

と、言われると昔から自分に回ってきます。

考えて見れば20年前に入社して以来、PC系の問題が発生すると対処してきたのですが、建具や水漏れの修理と違って、目で見て故障箇所がわかる感じでは無いのでメーカーのサポートセンターに電話する係になっているようなものです・・・


人気ブログランキング
←クリック頂けると1票入る仕組みなのでお願いします!


今回は営業課N君のノートPCが壊れたのですが、Corei7を積んだ結構優秀なPCで前任の部長が2年前の期が変わる頃に5台ほどまとめ買いして社内在庫にしていたうちの1台です。

調子の悪いPCが出る度に交換していった感じで今年の4月に最後のPCをチェンジし終えて在庫が無くなったのですが、N君のPCは購入して2年程度なので壊れるには早すぎます。

N君 「なんか全く電源が入らなくてボタン長押しとか、電源コードを他のパソコンので試しても全然ダメなんだよね」

クマ 「まだ新しいんだから簡単には壊れないと思うけど、ダメだったらメーカー修理だな」


とりあえず、9月から入社する新人さんのパソコンをN君用に貸し出して仕事してもらう事にしました。

こういう時にクラウドにデータを入れてあるとすぐに別のPCが使えて助かります。

グーグルのIDとパスワードがわかればスケジューラーもメールも即使えます。

で、メーカーのサポートに電話してみました。

以前にも書きましたが、自分メーカーのサポートの対応から結構学んでいますので、今回のメーカーの対応もちょっと楽しみでした。

メーカーは海外メーカーと違い日本のメーカーなので普通に日本人スタッフが電話に出ました。

PCの型番や製造番号等々ひと通り伝えると保証期間の1年を経過しているので有償修理とのこと。

何か応急処置でも良いので復活を試みられないか聞いてみたところ・・・

担当 「このPCはバッテリーが一体化していますので、電源だけの問題では無くマザーボードの交換が想定されます」

クマ 「裏のネジを外してどこかイジったり叩いたりすると直ったりしませんかね?」

担当 「オススメできませんので宅急便で引き取って工場で修理した方がよろしいかと思います」

クマ 「そうですか・・・ じゃぁできるだけ早くお願いしますよ」

担当 「注意点と致しまして、引き取りをすると修理見積もりしてキャンセルされても6480円掛かってしまうのでご了承下さい」


クマ 「電源が入らないだけなんだから、そんなに高くならないでしょ?」

担当 「マザーボードの交換となりますと6万円程度の費用が掛かりますが宜しいですか?」

クマ 「え〜 6万円もするの  6万円じゃ同じレベルのPCは買えないけど安いパソコンなら買えちゃう金額じゃないですか・・・」

担当 「いかが致しましょうか?」


何とも微妙な修理金額を言ってくるものだと考えた結果、引き取り修理をお願いしました。

購入後1年以内だったらメーカー保証があったのに1年くらい社内在庫として寝かしていた事が間違いでした。

パソコンを買い置きするってのは保証の点から良くないので、まとめ買いしない方が良いのでしょう。

BlogPaint何とも、損した気分になったついでにパソコンの裏ネジを外してダメ元でハードディスクとメモリを取って付け直してみたところなぜか復活

即、引き取り修理をキャンセルしておきましたが、しばらく使って様子見します。







さて、9月から営業事務として新人さんが入社することになったばかりですが、今度は管理課でスタッフ募集しようと考えています。

管理系の事務が手薄になってきたので守りを固める感じですが、うちの管理課の場合は事務処理だけでなくコールセンター業務的な応対テクニックが必要となりますので、できれば経験者が望ましいです。

が、予算的にパートさんで考えていますので、そんな都合良い人がいるかどうか・・・



なかなか難しいものですね。


kyoukunn本日は、午前中に売買系の打ち合わせで売主さん宅を訪問したあと、都内で行われる倉橋社長「教訓」出版記念セミナーを受講してきます。
自分自身、大変刺激になり影響を受けている本なので皆様にもオススメなのですが、本日3時間程受講するので明日にでも更に感想を書きたいと思います。





ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense