IMG_3984「すぐに儲かるなんて話は無いよ」

と、不動産物件を購入したいと相談してきた友人(40代後半)に夢のない話を聞かせてガッカリさせてしまいました。




人気ブログランキング
←応援頂けると励みになります。ぜひクリックお願いしますね!

ある程度お金が余っていて何か運用したいと言うなら良いのですが、ギリギリまで自己資金を突っ込む形+借入と言う話なので・・・

購入しようと思う物件も利回りの高い(=売値が安くなってる)物件なので、「儲かりそうだ」との気持ちが強い感じです。

友人 「ちゃんと入居者が決まれば儲かるって事でしょ?」

クマ 「建物の維持管理とか設備故障の交換費用とか引き算するのと、予定してる賃料で決まらないとか仲介業者に広告料払うとか余裕を持てないとストレス溜まるよ」

友人 「なんか嫌な事言うねぇ 紹介してくれた不動産業者は俺の年収だと普通に借りれるから買った方が良いって言ってるよ」

クマ 「逆に言うと不動産からの収入だけで返済できない時に給料から払ってくれるから貸してやるよって意味も入ってるんだよ」


友人 「そうかも知れないけど、クマがやってる株の信用取引より安全で楽だろ?」

クマ 「最近忙しいからやってないけど、信用なんて最大でも自己資金の3倍だよ、不動産だと500万円の自己資金で3000万円借りても6倍になるから」

友人 「株とちがって急な変動で強制的にロスカットされちゃう事も無いんだから安心だよ」

クマ 「まぁ 何が良いかなんて結果論なんだけど、株と違うのは儲かるまで時間が掛かるんだから楽なんて事は絶対無いよ」

友人 「何で? 家賃が入ってきてローンとの差額が儲けなんだから毎月収入が入ってくるじゃん」

友人は不動産と関係ない仕事をしていて株取引の話で盛り上がっていた仲なのですが、最近アパート経営がしたくなったとの事で購入する前に自分の意見を聞こうと思ったらしいです。

こう言う素直な人には物件を売りやすいと思いますが、株式と違って不動産はメンテナンスが必要だし部屋をお客さんに貸すリアルな客商売です。

しかも、将来売却する時に値上がりでもしてくれると言うことありませんが、地方の物件では値下がりが普通にある事でしょう。

株の信用取引の6ヶ月期限と違って長期のローンが組める訳ですが、当然に金利の支払いや税金の支払いも発生するのです。

株式投資だったら証券会社に源泉徴収されて勝手に税金を引いて分離課税で納税してくれるのに不動産は確定申告等々複雑で面倒です。

何よりも故障連絡とか騒音トラブル等々のストレスがある訳です。

友人 「う〜ん そう言われると確かに面倒そうだけど、もう買う気になっちゃったからやってみるよ」

クマ 「そっか、まぁ普通に運営してれば大丈夫だと思うけど、自己資金ギリギリってのは危ないよ」

友人 「だよねぇ・・・ 困ったら相談するよ」



多分、今回のが「困る前の相談」だったような気がしますが、悪い物件では無さそうに見えたので何とかなる事でしょう。


さて、うちの会社、4月30日まで営業して5月1日から5日までお休みを頂きます。

月内にいろいろ終わるように頑張ります!

ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense