20190914_153244「通常の100倍の使用量なんです」

と、某自主管理物件(1Kタイプ1階)の入居者さんの件でガス会社から当社に相談の電話がありました。

何でガス会社?
と、思いましたが、どうやら水道局からも漏水の疑いがあると警告通知を入居者さんにしていて放置していたようです。


人気ブログランキング
←こちらをクリック頂けると励みになります。ぜひお願いしますね!

水道局から「使用量が急激に上がったので漏水の可能性があります」警告がくるなんてことがあるのですが、ガス会社からってのは珍しいです。

この物件、調理はIHなのでガスはお湯だけ。

ガスを長時間使い続けるとマイコンセンサーが作動して供給が止まります。

当社から入居者さんに連絡しましたが、全く当社からの電話にも出てくれません。

漏水の可能性が高いので緊急連絡先のお母様に電話して室内を確認させてもらったところ、部屋には外観上の異常無し。

20190914_151001給湯管のピンホール漏水の場合はフローリングにシミが広がって気がつく事が多いのですが、この場合は1階の部屋なので床下で漏水して地中に水が吸収されている可能性が高いですので点検口をあけたりしていろいろ確認しました。
結局はパイプスペース直下のモルタルで囲われた部分の下での漏水でした。

給湯器自体は水の流れを感じて作動してしまい、マイコンセンサーは管理課S課長の現地確認時にランプ点灯で作動中。




ガス会社さんの説明では「マイコンセンサーが作動してもリセットを繰り返していたのだと思う」との事でした。

一晩明けても入居者さんが連絡くれない状態なのが不思議ですが、そこら辺は入居者さんに聞けば事実がわかる事でしょう。

水道管ピンホール漏水の復旧が完了したので物的トラブルとしての対処は終了。

今度は、入居者さんに高額の請求をするガス会社や水道局との人的トラブルに発展すると思います。


で、間違いなく入居者さんは「設備に問題があったので大家さんの責任」と主張されることでしょう・・・

大家さんだって、入居者さんから「毎日マイコンセンサーが作動する」と言われたら対処したと思いますし、水道局からも異常を知らせる通知を出していたとのことですので、「知らなかった」と言うか放置したと言う可能性があると思います。

物的トラブルだけで終わらないと人的トラブルになるのですが、結局はどんなトラブルも人が関わっているのだから理屈や感情の部分が問題になってきます。

そこら辺、嫌な予感がしますがどうなりますでしょうね。




IMG_6519今朝の埼玉は気温21℃の快晴。

8月は朝から30℃とか暑かったので良い季節になってきました。

とりあえず月の半分で60km走りましたのであと8回走れば100kmの目標が達成できます。


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense