無題2昨日は、10月19日(土)に開催される賃貸経営+相続対策 大家さんフェスタの打ち合わせを行いました。

自分は、12時50分〜13時40分に司法書士の太田垣先生(あやちゃん先生)と入居者さんの高齢化に関連する対応やトラブルについて実例を語らせて頂く予定です。






人気ブログランキング
←こちらをクリック頂けると励みになります。ぜひお願いしますね!


2015年の時点で65歳以上の人口は3388万人で総人口の26.7%だったのが、2040年には総人口の35%を超えて3人に1人が高齢者になってる訳です。

と、他人事ではなく自分も2040年には70歳超えてますので、間違いなく高齢者です。

賃貸管理に絡む話では、「年配の人を入居させたくない」+「入居者さんの高齢化」が大家さんや管理会社の考え方なっていて、悪循環的に貸主にも借主にも管理会社にも宜しくない状態が続いています。

そこら辺、直球で言えば「部屋で死んじゃったら嫌だ」+「手間が掛かるのは嫌だ」のイメージが大きい訳です。



自分の場合はセンサー等新しい技術の進化に期待していて、考えが変わる推進力になると思っているのですが、まぁ今入っている「人」の問題だけでなく「建物」自体も老朽化(これも高齢化)して取り壊さないといけない時期がくる訳です。

古くなった建物に高齢の入居者さん・・・

何度も何度も経験していますが、高齢者の入居が大変だと言う事は老朽化で賃貸物件をご退去頂くってことの苦労も大きいのです。

定期借家契約にしておけば理屈的には契約が終了しますが、長年家賃を払い続けて滞納も無いようなありがたいお客さんを路頭に迷わす事がサラッとできるような大家さんや管理会社のスタッフは多く無い事でしょう。

何とか、次の引越し先探しますよ

と、高齢者の新居探しを手伝う事はいつ発生してもおかしくない事なのです。

IMG_6846と、言うような話をオーナーズスタイルの上田社長と、あやちゃん先生と飲みながら打ち合わせしてきました。

まぁ ほんと現場の最前線では理屈だけではない感情や気持ちと言った心のやり取りで苦労しているのが現実なんです・・・








無題3そこら辺、自分たちのセミナーだけでなく参加費無料で盛りだくさんのイベントになっておりますので、ご来場をお待ちしてます!









さて、本日(10月3日)は、午後から住宅新報さん主催の不動産テック系セミナーです。

自分は、賃貸管理の現場で何が起きているかとか、管理会社のスタッフは何を考えているかを60分語らせて頂き、最後にパネルディスカッションに参加です。

ご参加される皆様よろしくお願い致します!


早々に定員に達して締め切ってしまったとの事で10月25日(金)にアンコール講演がありますので、今回参加できなかった方はぜひご参加下さい。


と、言う事で遅刻しないように早めに出発します。


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense