賃貸物件での居住中リフォームってあまりやりませんが、漏水事故の修復や何らかの問題発生時には、やらないといけない場合があるものです。

IMG_8386 1空室期間中と違って家具や荷物があることと、入居者さんと職人さんと日程調整するだけでなく時間内に必ず終わらせないといけないプレッシャーでドキドキになります・・・





人気ブログランキング
←こちらをクリック頂けると票が入る仕組みです。クリックお願いしますね!


今回は、いろいろ問題があった戸建貸家のリビングの床が抜けそうな状態になっていて、「もう限界!」との申し出に、なるべく費用を掛けたくないオーナーさんに費用支出を了承して作業に入りました。


IMG_8385ご家族が寛ぐリビングの床なので工事に取り掛かったら、その日に終わらせないといけませんので、家具移動要員として職人さん3人で対応しました。

が、内装職人さん以外の2人は結構なシルバーさんと聞いていたので自分も移動要員として参加。


居住中の作業ってのはホント神経使うものです。

面倒なのは配線関係。

テレビに繋がっている線だけでなく電話、インターネット関係の配線なんかも適当に外されてしまうと取り付け直す際にトラブルになりますので、自分は全て写真撮影してから作業します。

後は家具を壁や床に当てて傷つけたり、配線が断線したとか言われちゃうと余計な事になるので、できるだけ家の方に作業を確認してもらうようにしました。

そこら辺は、力仕事だけでは無い部分です。

IMG_8384リビングの古い床をはがしてコンパネ敷いて上にクッションフロアを貼る作業なのですが、これがまたドア系の木製建具の大部分に床が当たってしまうようになり、ドアを調整する必要があるのですが、そこら辺はシルバーの大工さん得意分野だったようで蝶番調整の効かない古いドアの下部を上手に加工してくれて助かりましたよ。



時間内に終わるかドキドキでしたが、無事に終了。


ほんと床が抜けそうな状態だったので喜んで頂けました

この貸家、定期借家契約を再契約して来年の11月にはご退去頂く約束になっています。

なので、やがてはオーナーさんが住むか売却となるのですが、それまでは何事も無く安定して稼いで頂ければと思ってます。


さて、本日は午前中に営業担当が忙しかったら自分が賃貸物件の案内係をしてくる予定です。

その後、打ち合わせや地主さん訪問、事務処理が重なっておりますのでアッという間に夜になることでしょう。


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense