IMG_9215お話を頂いてから10ヶ月も経過してしまいましたね・・・

昨日は大きな作業場のある土地の件で、今後の活動方針を打ち合わせしてきました。





人気ブログランキング
←こちらをクリック頂けると票が入る仕組みです。クリックお願いしますね!

70代のご主人様から「いい歳なので仕事を辞めて、使わなくなった敷地を売却したい」との終活話から始まったのですが、一度はいろいろ調査を始めていたところ、ポツポツと仕事が入り、なかなか仕事が終わらずに本格的な活動が延びていた感じです。

年が変わり今でも完全にお仕事は辞めていない状態なのですが、2月くらいから本格的に動いて欲しいとの事で売却活動に入る事になりました。

売却対象は320坪ある土地なのですが、高さ10m 広さ135坪の鉄骨造の作業場があります。
解体して更地にしておくべきなのですが、解体費用が高額なので、契約が確定してから解体に着手するか買主側で解体してもらうかにして欲しいとのこと。

クマ 「買主側で壊すとなると売買代金の減額が大きくなりますけど、仕方ないですね」

ご主人 「そうだね、仕方ないと思うけど、先に私が壊してから買主が見つからなかったら売買代金が入ってこないし土地の固定資産税も上がるってんだから踏んだり蹴ったりだよ」


この手の話は、築古戸建ての売却で良くあるのですが、木造の戸建住宅と比べると10倍くらいの解体費用が見込まれますので更に慎重になるものです。

作業場をそのまま使いたい人が見つかれば理想なのですが、前面道路が4mなので大型車の出入りができない作業場は需要が無い事でしょう。
(現状はご自宅側道路からも出入りできるのですが、自宅側は売却しません)

クマ 「いろいろ課題がありますけど、結局のところいくらで売りたい感じですか?」

ご主人 「相場ってあると思うし、いろいろ難しいってのは理解したけど高く売って欲しいのが希望だよ」

クマ 「金額で言うといくらくらいをお考えです?」

ご主人 「建物の解体代を引き算しないといけないんだったら、売れる金額に解体代を足して売りに出してよ」

クマ 「売れる金額ってのが難しいですけど、とりあえず坪単価は平均的な感じにして、解体だとか何か出てきた時の対応費とか考慮して決めて見ましょうかね」

いつもの事ですが、売主側に付く仲介の立場では「大至急売っちゃって」系の話し以外は高めに受託するってことになります。

いろんな方から「出物があったら買うから教えてよ」とか言われるのですが、「安く買えるなら買うよ」と言う意味なのでしょう・・・

とりあえず建築メーカーさんと建売業者さんへの声掛けから入ってみようと思います。


さて、ここ最近いろいろ生活のバランスが崩れている感じがしています。

夜になると眠くて11時まで起きていられない状態で早いと10時くらいに寝ちゃってます。

睡眠時間が増えるってのは悪いことでは無いと思いますが、ほとんどが本を読みながら寝落ちする感じなので半端な寝かたなのだと思います。

今日の夜からランニングを復活させてダラダラ感を払拭したいところです。


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense