昨日から埼玉は雨が降ってます。

特に今朝は結構な降り具合で雨漏りの報告が来る予感が・・・

コロナ騒動で忘れてましたが、これからの季節は雨系のトラブルが多くなりますし、地震災害も忘れた頃に来るのでしょうから忘れてちゃダメですね。

人気ブログランキング
←こちらをクリック頂けると票が入る仕組みです。クリックお願いしますね!


新型コロナ騒動の案件では相変わらずテナントさんとの調整が続いているところ、今月に入ってからは入居者さんの住居確保給付金の申請対応が増加しています。

10管理会社としては入居者が暴力団員と関係が無い事を自治体が情報集めする事に同意しますとか家賃振込先を書類に書いて記名押印する感じなので大きな手間は無いのですが、ほとんどの入居者さんは保証会社を利用しているので保証会社へ話を通す必要があるのです。

特に、当社の場合は集金代行(毎月入居者の口座から保証会社が口座引落して管理会社へ送金してくる)タイプの保証会社ばかりなので、保証会社へ連絡しないと完結しません。

これがまた、社会福祉協議会等で申請用紙をもらう段階だと、支払いの決定通知が出る前なので最終的には決定通知書を保証会社にFAXしますが、急ぎの対応が求められる案件なので、早めに保証会社に変更届を送り(保証会社によって対応方法が違うかも知れません)対応を確認するべきです。


最終的に、決定通知された期間だけ行政からの給付金は管理会社(または貸主)に直収、給付できない自己負担部分は入居者さんの口座から保証会社へ引落される訳です。


昨日も若い入居者さんの対応をしたのですが、新入社員として働きだした会社がコロナ騒動で弱ってしまい、給料が満額払われなくなってしまったそうです。

働き続けるにしても先行き不安だし転職するにも今の時期は厳しいとのことでした。

そんな中で、賃料が払えなくなる可能性があると予め申し出てくれると言うのは保証会社にとっても管理会社も大家さんにもありがたいことなのでしょう。

この仕事していると様々な現実を見ることになりますが、ホント早くコロナ騒動が終わって欲しいものです。

さて、本日は売買系の打ち合わせで売主さんを訪問してきます。

こちらもコロナ騒動が関係している感じですが、だからと言って「高く売って」と言う希望は変わらないのが苦労する事でしょう・・・


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense