昨日は、当社の活動エリア内でマンション1棟の自主管理をされているオーナーさんご夫婦が来店されました。

カウンターで営業課のマネージャーが対応したのですが、自分が座っている場所はパーティションで仕切ってあって様子が見えないのですが、話している内容が聞こえます。

何やら20年近く前のトラブルについて話をしている様子で当時在籍していたスタッフの名前が出てきています。


人気ブログランキング
←こちらをクリック頂けると票が入る仕組みです。クリックお願いしますね!


奥様 「もう20年くらい前に担当してた〇〇さんとか責任者の〇〇さんはいますか?」

マネージャー 「いえ、二人とも退職していますけど」

奥様 「ちょっと頼みがあるんですけど・・・」



マネージャーが対応している内容に聞き耳を立てていると、その当時にオーナーチェンジで購入した物件に極度の滞納者が住んでいて、前所有者からきちんと引継ぎがされておらず集金も追い出しも出来なくて困っていたところ、その滞納者を客付けした当社の担当に督促をお願いしてダメで、督促専門業者さんにお願いして当社とは疎遠になっていたとの話です。

詳細は省略しますが、現在もその滞納者は居住中で市役所からお金が出る状態になっているそうです。

が、現在の賃料回収はできるけれど、過去の滞納分や更新料について回収したいとのこと・・・

奥様 「あの時はお宅の会社には警察沙汰になって怖い思いさせちゃって申し訳なかったです」

マネージャー 「警察沙汰ですか?」

奥様 「そう、名前思い出した、熊切さんが督促に行ってナイフ突き付けられて警察がたくさん来たんですよ」

マネージャー 「熊切なら後ろの席にいますよ」


何か、話を聞いているうちに「警察沙汰」で思い出してきたのですが、このブログを書き出す以前の出来事でした。

クマ 「こんにちは、〇〇マンションのオーナーさんでしたか、ご無沙汰してます」

奥様 「あら〜 久しぶりねぇ 全然お変わりない感じで」

クマ 「そうですか、もう20年くらい経ちますよね、だいぶ変わったでしょ」

そうですねとも言えない微妙な様子・・・


そんな話から始まりましたが、その事件は2002年(平成14年)頃の話で、当時30代前半だった自分は滞納者が許せない的な考えと自力救済が原則的な行動力があったので荒っぽいやり取りをしていたのでしょう。

当時の事が何か記録に残って無いかと思い探してみたところ、ブログ始める前の修羅場的思い出を読者さんからのコメントに答えている2006年の記録がありました。

多分、今よりも記憶が新鮮な頃に書いたので正しい記憶かと思います。

912
「いい加減にしろ、どっちが悪いんだ!」って言い返したらカッターもって飛び出してきたので「自分に指一本でも触れたら刑事事件にするぞ」と言って、そのまま頭突き(軽くですが)されたので警察を呼んだのですが、「カッターで脅されてる」と110番で伝えたので、完全武装の警察官6人くらいがサイレン鳴らして来てくれたのでした。

まぁ 管理物件でも無いのに(客付けはしましたが)良く体張って頑張ったものだと思いますが無謀で得する事のない反面教師的な教訓だけを残した思い出です。



ご主人 「あれから債権回収の専門会社に頼んだんですけど、そうしたら入居者が自宅まで脅しにくるようになって大変だったんですよ」

奥様 「ホント怖くて警察にも頼んでいろいろやったのですが、その後は市役所から生活保護が出るようになって賃料だけは入るようになったんです」

クマ 「そうでしたか・・・ で、今日の当社にお願いって何でしょうか?」



話を聞くと、一番の理想は過去の滞納金を取りたい、無理なら過去の更新料を取りたいとのこと。

生活保護になって以降なら更新料も市から出るはずなので、更新契約書を締結して欲しいとのこと。

2002年の初回の契約で止まっているのだと思って持参された契約書を見たところ2年前に契約書が巻き直してありました。

クマ 「あれ? これ更新してあるじゃないですか」

ご主人 「はい、更新料もらってない事に気が付いたので2年前に市役所さんと協力して入居者にハンコ押してもらったんですけど、私が作った契約書なので不動産会社の契約書が欲しいんです」

クマ 「ご主人さんが作った契約書に更新料の事も書いてあるから大丈夫ですよ」

ご主人 「いや、そこら辺きちんとした契約書にして、できれば過去の滞納とか追い出しとか関わって頂ければと思いまして」

クマ 「申し訳ないですけど、管理物件以外対応できないしトラブル対応だけが目的だったら弁護士さんか司法書士さんに頼んで訴訟して追い出すこと考えた方が良いんじゃないですかね」

奥様 「訴訟なんてお金かかるし、また家に来られたら嫌なので刺激したくないんですよ」

クマ 「そうですか・・・ 他の入居者に迷惑かけてる生活保護の人を市役所の担当さんに相談して引越ししてもらった事が過去に経験ありますけど、強制は出来ないから本人さん次第でしょうね」

結局、当社での更新手続きはせずに市役所の担当さんに相談するとの事で帰られました。

ちょっと詳しく書けませんが、多分18年前の段階よりも話が通じない感じになっているような気がしますので、自分自身無理したく無いしスタッフはもっと嫌でしょう。

まぁ 過去の嫌な経験から管理を取りたいって気分にならない事もあるものです。

記憶が消えないうちに過去の思い出を書かせて頂きました。


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense