IMG_7516「毎年、200万円くらい利益が上がるので何に使うか考えておいて下さいって言われた」

と、去年から売却で難航している土地の売主さんご夫婦(70代)に言われました。
何の話なのだか聞いてみると、30年一括借上のアパート建てましょう屋さんのセールスマンに言われた話なのだそうです。




人気ブログランキング
←こちらをクリック頂けると票が入る仕組みです。現在の順位は?


クマ 「土地が売りにくい状態だからアパート建てて収益物件化しましょうって事ですね」

ご主人 「俺はそんな話には乗らないけど、家内が話を聞いちゃってからしつこいんだ」

奥様 「いや、私だって70過ぎてアパートなんて絶対に嫌なんだけど、良い事ばかり言うのよね」

クマ 「30年借上げるからローンの支払いも大丈夫って上手い話ですよね?」

奥様 「そうなのよ、30年払でローン借りられるって話もビックリしちゃって」


クマ 「お子さんの代に引継ぐ形で了承してくれるのが前提でしょうけど大丈夫なんですか?」

ご主人 「絶対ダメだよ、子供に借金残す何て俺が認めないし子供も嫌がるに決まってる」

奥様 「私だって嫌よ だけど毎年200万円残るとか良い話なので聞いちゃうのよね」

ご主人 「クマさんに高い値段で様子見してもらってる状態が続いたから余裕あると思われたかな」

クマ 「まぁ 売りにくい土地なのでアパート建てませんかって自分も一番最初に提案しましたからね」

奥様 「うちは子供達が不動産とか全く理解しないし独立して遠方に住んでるから無理なのよ」


ご主人 「この歳になって上手い事ばかり言う奴の話に乗って失敗するなんてしたくないから」

奥様 「でも、うちは土地があるんだから、建物代だけのローンで良いから安全だって言うし・・・」

ご主人 「だから、そんなの建築屋が儲ける話に決まってるんだよ! もう二度と話聞くなよ」

クマ 「まぁ まぁ・・・ 今度セールスさん来たら自分も一緒に話を聞きますって伝えて下さい」


と、言った事が1週間くらい前にあったのですが、2日前にご主人さんから電話があり、セールスが来るので、一緒に来て意見を言って欲しいとの事になり、昨日指定された時間に行ってきました。

自分的には、売りにくい土地の活用としてアパート建築をすること自体は悪く無いと思っていますが、資料をみると1億円もローンを組む立派すぎるアパートです・・・

さすがにやりすぎなのと、お子さん達がアパート経営に興味が無いと言うので無理だと思っています。

多分、段階的に大幅値引きしてきて安く思わせる作戦かも知れませんが建物だけで1億円のローン組ませて年収200万円?

都心の超一等地ならまだしも利回り2%てのは地方の地方では論外どころの話じゃないです。

そこらへん、熱心なセールスマンがどう考えているのか聞かせてもらおうと思ってました。

が、営業マンは来ないで届けられた資料を見せられました。

クマ 「営業マンは来ないんですか?」

ご主人 「クマさんに電話したあと、資料だけ渡されたんですよ これでわかるかい?」


自分的には借上げ建築屋さんのセールステクニックを目の前で見たかったのですが、残念です。


奥様 「なんか、土地を売りやすくする提案が書いてあるんだけど、これはどうなのかしら?」


土地を売りやすくする方法は、300坪強の売り出し面積のうち、道路付けの良い80坪分を先行で売ると言うものでした。

旗竿状敷地の陽当たりが悪い土地が残るのですが、その部分はどうみても激安でしか売れない状態になります。

クマ 「これって、道路付けの良い場所は売りやすくなるけど残りの土地が売れなくなりますよ」

ご主人 「だよね、俺もそう思うんだけど、それが土地を売りやすくする提案だって事なんだよ」

奥様 「残りの面積の方が大きいし、売れ残って空地にしとくなら全部まとめて売りたいですよ」

クマ 「いや、これはこの旗竿状の土地にアパート建てましょうって提案ですよ」


結局、建築屋さんはご夫婦の希望通り土地を売却(一部ですが)して残りの土地を「売れないなら建てるしか無いですね」と言う事でビジネスに繋げる提案をしたと言う事です。

当初の大きな建物は無理ですが、4世帯程度の建物は確かに建てられます。

しかしながら、南側東側西側と全て建物に囲まれている状態のアパートを新築して30年も収益を上げられるものなのか・・・

結局、そんな話には乗らないとの結論となり、現況の売出し価格を300万円ほど値下げして募集する事になりました。

と、言う事で売却活動継続なのですが、上手い話が聞けなくて残念です。




ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense