ここ数日会社にいる仕事が多く、完全に事務仕事な状態なので歩数を見ると帰宅するまで2000歩程度な感じです。

夜にランニングしているので何とか8000歩まで行きますが、運動する習慣が無くなっちゃったら自分などは相当運動不足になるタイプなのでしょうね。


人気ブログランキング
←クリックして頂けると票が入り順位の確認ができます。ぜひお願い致します!



先日、ブログで書いた我が家の庭の水栓トラブルですが、昨日業者さんにて修理が完了しました。


IMG_0339内容的には水栓のハンドルを回しても水が出て来ないと言う現象でした。
寒い時期なので当初は凍結していると思っていましたが、分解できるところまで外してみたらハンドル部分とスピンドルを接続する部分のビスが無い接着タイプみたいな変な水栓であると判明しました。
水栓の規格や仕組み参照は(株式会社カクダイ様 解説ページへ)






IMG_0334水栓交換で対応しようと思ったのですが、使用されているパッキンが日本の規格と違う小さなタイプだったので、もし水栓を外して給水管と水栓の口径が合わなくて付けられないとメーター止水を解除出来なくなり家中の水が使えなくなるかも・・・

心配性な自分は最悪のパターンを考えて業者さんに見てもらう事にしました。





水道業者さんは、会社でいつもお世話になってるピンホール対応が得意分野になった水道屋さんです。

外にある水栓なので、「家に誰もいないから勝手に入って確認して下さい」&「1万5千円以内の修理だったらやっちゃって下さい」&「大規模にやる場合は見積もり下さい」のメールを送りました。

昨日早速電話が来ました。

業者 「これ日本製じゃないけど、日本の水道屋が付けたんだから何とかなるでしょ」

クマ 「なら良いんですけど、日本製の買ってきて元の配管と径が合わないとか、今の水栓に戻そうとしたら付けられなくなってたとか無いですよね」

業者 「そんなこと気にしてたら水道屋なん出来ませんよ、ご指定の金額以内で多分大丈夫ですからやって良いですか?」

クマ 「お願いします、今度は日本製の普通ので結構ですから」

業者 「了解、じゃあ 良くあるシルバーの安いやつ付けておきますから」

と、言うことでお願いしたのですが、「そんなこと気にしてたら水道屋なんて出来ない」と言い切れるのが素人とプロの違いなのでしょう。

感心しながら完了報告を待とうと思ったのですが、一つ大事なことに気がついて再度電話しました。


クマ 「ごめんなさい、さっきシルバーの普通の水栓でOKしたんですけど付けちゃいました?」

業者 「いや、まだですけど何か?」

クマ 「何となく、うちの奥さんが普通の水栓にしたら怒りそうな予感がして」

業者 「はぁ・・・ どうします? 洒落た水栓でも選びますか?」

クマ 「いや、デザインとか選ぶの大変だから前と同じような茶色っぽいのでお願いします」


危ないところでした。

自分的には機能と金額優先でデザインなど頭に無かったのですが、奥さんが帰ってきて「こんなの嫌だ」とか言われると面倒なのでせめて色だけでも似たようなのにと思いました。

その後、業者さんから完了報告のメールで写真が届きましたのでお礼の電話。

IMG_0354クマ 「ありがとうございます、良い色ですね」

業者 「予算以下で大丈夫でしたよ」

クマ 「水道管と口径の関係は大丈夫だったんですか?」

業者 「前のは水栓器具は外国製みたいだけど、ジョイントは日本の規格だったからクマさんでも交換出来たと思いますよ」





と、言うことで答え的には水栓丸ごと交換できるテクニックがあればホームセンターで買ってきて取り換え可能と言う事でした。

自分的には径が違ってアダプター的な部品でもあるのかと思いましたが、そんなのは滅多に無いとのこと・・・

水栓に関しては遠い昔に仕事で交換したことが何度かありましたが、確かシールテープの巻き方にコツがあったと思います。

そこら辺、できれば立ち合いしてお手本を見ておきたかったのですが、現場に行けなかった事が悔やまれます。


無事に直って奥さんにも良い感じと喜ばれて良かったです



本日も内勤作業頑張ります!


ではまた明日


br_banner_tsubame←不動産系ブログの最新更新情報です。
次のブログへはツバメ君をクリック!
 


Google AdSense